抗体-薬物複合体医薬品中の不純物分析

Co-Sense for BAを用いることで,オンラインで高濃度の抗体を除去(除タンパク)し,さらに,オンライン除タンパクによる,抗体と薬物由来不純物の相互作用を抑制し,大量注入においても不純物の確実なトラップを実現します。

Shim-Pack MAYI-ODSによるオンライン除たんぱく

Co-Sense for BAの希釈トラップでは,高感度化のための大量注入においても,抗体の除去(除タンパク)と抗体と不純物の相互作用を抑制した確実なトラップが可能です。1mg/mL抗体溶液中に存在する約0.07%(モル比)の不純物を分析した例を示します。抗体の影響を排除し,約100%の回収率を達成しています。

抗体溶液(1mg/mL)中に存在する約0.07%(モル比)の不純物解析 
 

薬物のみの溶液の分析(左)と抗体(IgG)存在下でのCo-Sense for BAによる分析(右)において,目的不純物は抗体の影響を受けることなく,約100%回収されています。

LC/MSによるピークトラッキング

さらに,検出にLC/MSを用いることで,抗体-薬物複合体医薬品中においても,薬物由来の不純物であることを確実に同定できます。

薬物のみの溶液から得られた不純物ピークのMSスペクトル(左)と抗体(IgG)存在下でのCo-Sense for BAによる不純物ピークのMSスペクトル(右)を比較することで,目的不純物を確実に同定できます。

 
 

Co-Senseシリーズ

Co-Senseシリーズは,独自の希釈トラップを採用したLCシステムです。医薬品,食品およびライフサイエンス分野を中心に,前処理の自動化から高感度化,複雑なマトリクスからの高分離を提供します。

 
Top of This Page