プラスチック


プラスチックは高分子化合物から成る物質です。プラスチックやポリマーは日常生活の様々な製品や部品に広く使用されています。新製品の開発においては、各種分析装置を用いて熱特性や劣化試験などの化学的・物理的特性が測定されています。また近年、環境問題への関心の高まりから、RoHSなどの環境に悪影響を及ぼす可能性のある化合物に対する規制や、プラスチック製品のリサイクルが盛んに行われています。このような背景から、樹脂やプラスチックの性質を把握することは重要です。

リサイクル

リサイクル

 

近年の脱炭素・循環社会に対する意識の高まりを受けて、プラスチックリサイクルの取り組みが進んでいます。廃棄物の減量化と再資源化のために制定された容器包装リサイクル法や、資源循環に向けた取り組みを求めるために制定されたプラスチック資源循環促進法によって、近年リサイクルプラスチック製品が身近に増えてきています。回収された廃プラスチックは選別、粉砕、洗浄、乾燥などの工程を経てリサイクルされて再度製品として利用されます。
プラスチックリサイクルは廃プラスチックをプラスチックのまま原料にし、新たな製品に再利用する「マテリアルリサイクル」 、廃プラスチックを化学的に分解し新たな製品の原材料として利用する「ケミカルリサイクル」などが知られています。ここではプラスチックリサイクルの工程で使用されるアプリケーションをご紹介します。

特性評価

特性評価

高分子添加剤

高分子添加剤

環境規制

環境規制