空飛ぶクルマ

空飛ぶクルマ

 

空飛ぶクルマはVertical Take-off and Landing(VTOL)と呼ばれており,電動化,無人自律飛行を実現し,2030年頃には「空飛ぶタクシー」として都市部での新たな交通手段として高い期待を集めています。電動化されたVTOL(eVTOL)は複数のプロペラを推進力に垂直離着陸ができ,時速100キロで300km程度を航行します。eVTOLの空中を利用した立体的な輸送により利用者は移動時間の大幅な短縮などのベネフィットを享受します。

eVTOL実現の鍵は構造の軽量化と電池の小型化,高密度化です。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を構造材料へ使用する開発が進んでいます。CFRPは高比強度,高比剛性といった特性を有しており,航空機や自動車の軽量化に欠かせない材料です。自動車の電動化開発により,電池の小型高密度化,安全対策が急速に進んできました。eVTOLへもこの電池技術が搭載されるでしょう。小型で低騒音,航行時の二酸化炭素排出0といった特徴を強みに,eVTOLは新たなモビリティとして近未来でテイクオフします。

関連情報

Top of This Page