カメラレンズの組立状態の観察/X線CT

カメラレンズの組立状態の観察/X線CT

デジタルカメラレンズをCT撮影すると,しばしばCT画像にレンズのアーチファクトが出て,組立状態が観察しにくい事態が起こります。しかし,CT撮影するレンズの方向を工夫することにより,このようなトラブルを解消できます。ここでは,デジタルカメラレンズをX線CTシステムにて観察した例をご紹介します。

サンプルをX線に対して縦置きにセットし,撮影したところ,アーチファクトが少なく,レンズとレンズの隙間も見やすい画像が得られました。

サンプルの外観

MPT画像(Multi-Planner-Reconstruction)


 

マイクロフォーカスX線CTシステム
inspeXio SMX-225CT

マイクロフォーカスX線CTシステム inspeXio SMX-225CTは微小部品から大形部品まで,幅広い範囲の試料に適合したCTです。開放形X線管を搭載しているため,フィラメント交換で済みランニングコストが安くてすみます。
 

Top of This Page