RoHS/ELV指令

欧州連合(EU)において,2000年10月に発効されたELV指令(廃自動車指令)により2003年7月以降は自動車の部品・材料に鉛(Pb),水銀(Hg),カドミウム(Cd)または6価クロム(Cr6+)の4物質を非含有にしなければEU加盟国に輸出することができなくなっています。
また同様に2006年7月に施行されたRoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限する指令)では,Pb,Hg,Cd,Cr6+に加え て2種類の臭素系難燃剤PBB(ポリ臭化ビフェニル),PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質は,対象となる電気電子機器への使用が禁止になっ ています。このRoHS指令は,2011年7月に全面改定され,これまで対象になっていなかった電気電子機器も順次適用されると共に,6物質の非含有のた めのEU適合宣言の作成が義務化されました。さらに,主に可塑剤として使用されてきた4種類のフタル酸エステル類(フタル酸ジ-2エチルヘキシル (DEHP),フタル酸ジブチル(DBP),フタル酸ジイソブチル (DIBP),フタル酸ブチルベンジル(BBP))の追加制限が予定されています。
自動車・電気電子機器とも部品点数が多大で,様々な材料・物質を使用していることから,サプライチェーン全体にわたって有害物質の非含有を管理することが製造者の責任になっています。

島津製作所は,RoHS/ELV指令の検査装置において業界内で高いシェアを誇るエネルギー分散型蛍光X線装置(EDXRF)のほか,ICP発光分光分析 装置(ICP-AES)/ ICP質量分析装置(ICP-MS),原子吸光分光光度計(AA),紫外可視分光光度計(UV-VIS),フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR),ガ スクロマログラフ質量分析計(GC-MS),液体クロマトグラフ分析計(HPLC),イオンクロマトグラフ分析計(IC)を自社で開発・製造し,アプリ ケーション開発・検査方法の指導まで,総合的にお客様のRoHS/ELV対応体制構築に協力しています。

主な化学物質規制のご紹介

欧州連合(EU)に於ける主な化学物質規制をご紹介します。

測定装置・手法・原理

規制物質を測定する装置,手法,原理についての紹介です。

Webinar フタル酸エステル検査システムの正しい選び方
Top of This Page