マイクロプラスチックの分析手法

分析・計測法の選択フロー

マイクロプラスチックの国際標準の分析法については、現在議論が進められています。例えば、マイクロプラスチックの成分分析を行う場合は、一般的にフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)が使用されます。また、自然界でマイクロプラスチックに吸着した有害物質の分析には、液体クロマトグラフ質量分析計などが適用できます。
このように、マイクロプラスチックの調査・研究を行う場合の分析・計測法は、分析対象により選択肢が異なります。重要なのは、調査・研究目的に最適な分析・計測法を選択することであり、当社は幅広い製品群と多角的な分析アプリケーションを提供しています。

 

マイクロプラスチックの分析フロー

FT-IR AIM EDX DIA PY-GCMS DSC EDX FT-IR LCMS GCMS PY-GCMS

分析例

関連アプリケーション

研究者へのインタビュー 

USER’s VOICE

超深海の生態系にまで及ぶ
マイクロプラスチック汚染の調査

Dr. Alan Jamieson
Newcastle University

詳細はこちら 

USER’s VOICE

マイクロプラスチック問題を
河川から調査

片岡智哉 先生
東京理科大学

詳細はこちら 

Webinar FTIRと赤外顕微鏡を用いたマイクロプラスチックの分析

Top of This Page