マイクロプラスチック

海洋汚染

大きさ数μm~5 mm程度の微細なプラスチックはマイクロプラスチックと呼ばれ、工業用研磨剤やスクラブ剤などに使用されるプラスチックビーズなどの一次マイクロプラスチックと、プラスチックが環境へ排出され紫外線による劣化や物理的な磨耗で砕けて小さくなった二次マイクロプラスチックに分類されます。

環境中のマイクロプラスチックを生物が誤って摂取してしまうことで、生物体内の摂食器官や消化管の物理的閉塞または損傷を発生させるリスクがあります。さらに、マイクロプラスチック自体に含まれる添加剤(難燃剤、可塑剤、酸化防止剤など)もしくは環境中で付着した有害物質が臓器内で蓄積され、徐々に生物濃縮される“ベクター効果”が発生していると考えられます。これは食物連鎖により人間の健康にも潜在的に影響を及ぼす可能性があります。ただし、現時点では人間への健康リスクについては明らかにされていません。

当社は、プラスチックに適用できる幅広い製品群と分析・計測技術のノウハウを活かし、マイクロプラスチックの各種分析手法に取り組んできました。

分析例

動画

マイクロプラスチックの分析には、有機化合物の定性を得意とするフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)が適しています。ここでは、大きさ数mm程度のマイクロプラスチックをコンパクトFTIRを用いて測定した事例を紹介します。

マイクロプラスチックの分析・計測機器カタログ                      

マイクロプラスチックの分析・計測機器カタログ


  • マイクロプラスチック概要
  • 分析・計測法の選択フロー
  • アプリケーション集
  • 研究紹介
 

Webinar FTIRと赤外顕微鏡を用いたマイクロプラスチックの分析

USER’s VOICE

超深海の生態系にまで及ぶ
マイクロプラスチック汚染の調査

Dr. Alan Jamieson
Newcastle University

詳細はこちら 

USER’s VOICE

マイクロプラスチック問題を
河川から調査

片岡智哉 先生
東京理科大学

詳細はこちら 

Albert van Oyen  Managing Director CARAT GmbH

USER’s VOICE

リサイクルや環境の側面からのプラスチック分析

Albert van Oyen
Managing Director
CARAT GmbH

詳細はこちら 

関連製品

Plastic Analyzer(フーリエ変換赤外分光光度計プラスチック分析システム)は、熱や紫外線により変性(劣化)したプラスチックの赤外スペクトルを収録した劣化ライブラリを搭載しており、環境中で劣化したプラスチックの分析に効果を発揮します。

プラスチック粒子は帯電しやすく、ピンセットによるピッキング作業が困難になることがあります。
このような時にイオナイザ(除電器)が大変有効です。

分野別Solution

Top of This Page