LC/MS/MSメソッドパッケージ アミノグリコシド系抗生物質

LabSolutions™ LCMS用

LC/MS/MSメソッドパッケージ アミノグリコシド系抗生物質

 

  • 食肉,卵,牛乳中のアミノグリコシド系抗生物質13 種類の高速定量スクリーニング
  • MRMスペクトルとLabSolutions Insight™ Library Screeningを用いた確度の高い化合物同定
  • イオンペア試薬を使わない分離条件
  • 食肉・卵・牛乳に対応できる単一前処理プロトコール

 

食肉,卵,牛乳中のアミノグリコシド系抗生物質の定量および同定のための完全なソリューション

アミノグリコシド系抗生物質は,牛,羊,ブタおよび家禽に対する細菌の感染防止のために広く使われています。各国・地域の規制当局は各化合物の畜産物中の残留基準値(maximum residue limits: MRL)を設定しています。アミノグリコシド系化合物は極性が非常に高く,通常の逆相クロマトグラフィーによる分離では,イオンペア試薬が使われます。
本メソッドパッケージでは,親水性相互作用液体クロマトグラフィー(HILIC)を用いたLC-MS/MS による,全規制対象アミノグリコシド系抗生物質の一斉定量分析ソリューションを提供します。本メソッドパッケージには下記の内容が含まれています。

  • Biotage 社のミックスモード弱陽イオン交換充填剤を用いたサンプル前処理プロトコル。食肉,牛乳,卵の前処理に対応しており,高回収率でかつマトリクス効果を最小限に抑えることができるプロトコルです。
  • HILIC/MS/MS による高速定量分析メソッド。分析時間4.5 分で,1 化合物につき2MRM が設定されています。各化合物の検量線パラメータが参考情報として収録されています。
  • 化合物同定メソッド。分析時間は13 分で,高速定量分析と同じ移動相,カラムを使用します。1 化合物あたり15MRM が設定されており,MRMスペクトルを用いたライブラリ検索と高精度な化合物同定を行うことができます。なお,ライブラリ検索用のライブラリも本メソッドパッケージに収録されています。

登録化合物

Streptomycin
  • Amikacin
  • Apramycin
  • Dihydrostreptomycin
  • Gentamicin
    (as Gentamicin C1, C1a and C2/C2a)
  • Hygromycin B
  • Kanamycin
  • Neomycin B
  • Netilmicin
  • Paromomycin
  • Sisomicin
  • Spectinomycin
  • Streptomycin
  • Tobramycin
  • Ribostamycin (internal standard)

ワークフロー

本メソッドパッケージは,サンプルの調製から検量線の作成まで一連の分析ワークフローをサポートしています。

ワークフロー

迅速な定量と簡単なデータ処理

迅速な定量と簡単なデータ処理

本メソッドパッケージは,HILIC/MS/MS によるアミノグリコシド系抗生物質の高感度分析を可能にします。また,LabSolutions Insight を本メソッドパッケージと組み合わせて使用することにより,測定から解析までの一連の分析作業を迅速に行うことができます。解析画面では対象化合物ごとや測定データごとに定量値や面積値を一覧表示することができ,ワークフローに応じてユーザーがデータを確認しやすい表示方法を選択することができるため,直感的な操作が可能です。さらに,フラッギング機能を利用して,設定した基準値を超えた結果のみを判別して表示することができます。

MRMスペクトルを用いた確度の高い定性

MRMスペクトルを用いた確度の高い定性

MRMメソッドでは1 化合物につき最大15MRM が設定されており,各トランジションのコリジョンエネルギー(CE)は最適化されています。
MRM 分析を利用しているため高速分析が可能であり,MRMスペクトルを得るのに必要なMS/MSスペクトルをわずか数ミリ秒で取得することができます。また,微量成分であっても高感度で検出することが可能で,確度の高い同定結果が期待できます。

注意事項
1. LabSolutions LCMS は,Ver. 5.91 以降が必要です。
2. LabSolutions Insight Library Screening は,Ver.3.1 以降が必要です。

Top of This Page