薬物動態

バイオアナリシス -前臨床/臨床試験の加速-

バイオアナリシスのメソッド開発は前臨床から臨床段階への移行の橋渡しとなるため,バイオ医薬品パイプラインにおいて重要なステップです。リガンド結合法(LBA)はバイオ医薬品で用いられる一般的な手法ですが,代替法としてLC-MSの活用が進められてきています。LC-MS法はLBAに比してメソッド開発に要する時間と費用の削減および選択性と効率性の向上が期待されています。
抗体医薬品のバイオアナリシスにおいてLC-MSを用いたワークフローをより合理化,効率化するために,当社は抗体医薬品のFab領域を選択的に酵素消化するモノクローナル抗体定量用 LC/MS/MS 前処理キット nSMOL Antibody BA Kit を開発しました。革新的なナノテクノロジーを用いた本キットを用いることで,抗体医薬品のバイオアナリシスにおいて相補性決定領域(CDR)にあるサロゲートペプチドの検出感度が向上します。トリプル四重極型高速液体クロマトグラフ質量分析計を用いた多重反応モニタリング(MRM)測定によりサロゲートペプチドを正確に定量できます。

nSMOL Antibody BA

 

nSMOL Antibody BA Kit を用いた選抜的な抗体の分解と,高感度LC-MSシステムによるバイオアナリシスを組み合わせることにより,リガンド結合法よりも測定法の開発に要する期間を大幅に短縮することが可能です。

アプリケーションニュース

 
 

製品紹介

分野別Solution

Top of This Page

お問い合わせ