Shim-pack シリーズ

Shim-pack Velox シリーズ -コアシェルテクノロジーによりLC分離性能を最大化-

C18

Shim-pack Velox C18は,C18固定相に対し伝統的なエンドキャッピングをおこなっており,それはShim-pack Veloxシリーズ最高の疎水性保持をもたらし,医薬品,食品,環境および臨床分野といった広範なアプリケーションと低~中pHのレンジでお使いいただけます。
一般的なエンドキャップC18固定相であるShim-pack Velox C18カラムは,Shim-pack Veloxシリーズで疎水性が最も高く,製薬,食品,環境,クリニカルなど幅広いアプリケーションに対応します。

  • 汎用の逆相クロマトグラフ用カラム
  • Shim-pack Veloxシリーズで最も高い疎水性
  • pH2-8の移動相に対応
 

USPに準拠した,シアノコバラミン分析メソッドの移管の例

粒子径5 μmの全多孔性ODSカラムを用いたUSP収載のCyanocobalamin(ビタミンB12の合成形)の定量分析法を,USP621クロマトグラフィーガイドラインの調整範囲内でShim-pack Velox C18 2.7 μmカラムを用いた分析法に移管しました。移管した分析法では,システム適合性要件を満たしながら,分析時間および溶媒消費量を削減できます。

 

Specifications 仕様

カラム名 L/dp 流量
(mL/min)
理論段数N システム適合性試験結果
(適合要件: %RSD < 2.0 %)
VP-ODS
(5 μm, 4.6×150 mm)
30,000 0.50 5,244 tR: 0.025 %
Area: 0.175 % (n=6)
 
Velox C18
(2.7 μm, 4.6×100 mm)
 
37,037
(+23 %)
0.50 9,497
(+81 %)
tR: 0.035 %
Area: 0.103 % (n=6)
0.93 4,466
(-15 %)
tR: 0.084 %
Area: 0.220 % (n=6)
 

Top of This Page