Nexera XS inert

オプション

結果へのショートカット

より速く、より正確な結果への到達 

正しい分析結果にたどり着くためには、多大な検討やデータ処理が必要となります。Nexera XS inertは、目的に応じた様々なシステム構成を構築でき、分析業務をサポートします。

 

分析条件の開発を自動化 メソッドスカウティング

LC 分離条件の検討には、カラム、移動相やカラム温度など膨大な組み合わせの条件を検討する必要があり、大きな負担となります。Nexera メソッドスカウティングシステムは、複数の移動相条件とカラムを自動で切り換え分析するメソッドスカウティング機能により、移動相のpH や塩濃度などの条件最適化を自動化でき、効率的にメソッド開発を進めることができます。

 
 

移動相のpHをモニター:pHM-40 (※オプション)

抗体医薬品などタンパク質の分析に用いられるイオン交換やサイズ排除モードでは、移動相pHが分離に影響を与えることがあります。
pHモニターpHM-40は移動相のpHを常時モニターし、移動相のpH変化をリアルタイムで測定し、計測することができます。

 

データ解析の負担を軽減する独自の解析機能
i-PeakFinder

ベースラインのうねりや、ノイズに埋もれたピーク、分離不十分な肩ピークの同定などを処理するのは手間がかかる上、熟練度により差が生じる作業でした。
当社独自の波形処理アルゴリズム i-PeakFinderは、このような厄介なクロマトグラムの波形処理に最適です。下図は、抗体医薬品のサイズ排除クロマトグラフィーの結果を示します。単量体と分解物ピークの分離について、テーリングを考慮した波形処理をすることも、ベースラインに対し、ピーク谷で垂直に分離することも、ボタンひとつで簡単に設定できます。

 

解析を支える厳選された機能
LC/MS 解析用ソフトウェア LabSolutions Insight

フラグ機能・フィルタ機能・ピーク比較機能など多成分多検体データの解析を強力にサポートする厳選された機能を持つLC/MS専用解析ソフトウェアです。

Top of This Page

お問い合わせ