Nexera XS inert

回収率と検出感度の向上

生体中・高分子の定量分析、特にLC/MS分析のように感度を求められる分析において、吸着による化合物の回収率低下は感度低下に直結します。
Nexera XS inertは、タンパク質や核酸といった成分と金属イオンとの相互作用による吸着を排除し、ピークテーリングや対象成分の回収率の低下を防ぎます。その結果、低濃度かつ微量のサンプルであっても高感度でかつ良好なピーク形状のデータを得ることができます。

オリゴヌクレオチドなど金属材質に強い吸着性を示す分子も、Nexera XS inertで感度よく検出します。

 

 

 

ピーク形状と分離の改善

Nexera XS inertは、独自の技術でシステム内部表面における金属イオンの露出を極限まで低減しています。これにより、試料通過流路でのターゲット分子の吸着を抑え、ピーク形状を良好に保ち、優れた分離を提供します。

良好な分析再現性と信頼性を提供

常に安定した分析再現性

吸着由来の種々のトラブルを防ぐため、予めターゲット化合物を含むサンプルを繰り返し注入し、システム全体を不動態化処理してから分析を実施することがあります。しかしながら、この手法は貴重な試料や不動態化に要する時間を無駄にするだけでなく、長時間の連続分析においては不動態化の様相が変化し、安定したデータ採取が困難であるという課題もあります。
Nexera XS inertは事前の不動態化処理を不要とし、連続分析の開始から終了まで、安定して信頼性の高いデータを提供します。

定量性能の向上

 

ターゲット化合物の吸着は、特に低濃度領域で顕在化しやすく、検量線の直線性や検出下限、定量下限の悪化を引き起こします。
Nexera XS inertは、金属との相互作用による吸着を低減させることで、ダイナミックレンジの拡大や低濃度領域での定量精度の向上を実現します。

 

結果へのショートカット

 
 
 

Top of This Page

お問い合わせ