仕事の効率化・ミス低減を支援する最新分析機器とソフトウェアセミナー
会期:6月26日(水),大阪

昨今の日本の分析を取り巻く環境は,人員難や分析技術の継承の難しさから熟練の分析者不足が深刻です。
加えてデータの転記ミスや,データ改ざんなどのリスク,また分析装置自身の信頼性に対するリスクなど分析者や管理者は様々な課題への対応を迫られています。
そんな中,分析装置は飛躍的な革新を遂げ,新たなステージへ移行しつつあります。
今回,新製品のUHPLC「Nexeraシリーズ」をはじめ,島津製作所の分析者支援機能を搭載した製品を数多くご紹介いたします。
ご多忙とは存じますが,ぜひご参加いただけますようよろしくお願い申し上げます。

主催:株式会社 島津製作所 分析計測事業部 関西支社

◆ 日 時 2019年6月26日(水)13:00 ~ 16:30 (受付開始 12:30から)
※終了後 懇親会あり
◆ 会 場 株式会社 島津製作所 関西支社 マルチホール [会場アクセス
(大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル14F)
◆ 定 員
50名様(※定員になり次第,締め切らせていただきます。)
◆ 参加費
無料
◆ お申込み Webからの申込受付は終了しました。

プログラム

時間 内容
13:00 - 13:05 ご挨拶
13:05 - 13:45

新製品 LC分析業務に変革を ~新Nexeraシリーズの紹介~

「新Nexeraシリーズ」は基本性能の向上に加え,正常なシステム状態を維持する多数の支援機能を搭載したLCシステムです。信頼性の高いデータを提供しながらも分析者の負担を軽減する,新しいLC分析の形をご提案します。
13:45 - 14:15

データ信頼性を確保するソリューションのご紹介

DI-Assistは,データ転記ミスの防止のために「マルチデータ登録機能」,Excel計算をソフトウェア内で行うための「マルチデータレポート機能」の機能を有した,弊社分析装置に限らない分析データを取り扱うことの出来る一元管理システムです。人の介在によるデータの取り扱いミスを減らし,業務の効率化を目的とした機能をご紹介します。
14:15 - 14:45

ロボットへと進化したPAL及び粉体分注などの自動化のご紹介

スタンダード調製,抽出,ろ過,ピペッティング,キャッピング,超音波分散,定容,誘導体化など様々な反応処理,粉体・液体の秤量分注,そして分析系への導入まで実際の活用例をご紹介いたします。
14:45 - 15:00 休憩
15:00 - 16:30

~ソフトウェアの活用で,分析者の負担は軽くなる~

4種の分析装置について,ソフトウェアの分析者支援機能をご紹介します
【FTIR】 ソフトウェアで仕事の効率化!-FTIRの事例-
【EDX】 「はじめまして。」で使えるPCEDX Naviソフトウェアの紹介
【ICP】   誰にでも正しい分析波長の選択ができるようにお手伝いします!
【GCMS】分析の時間管理!「アクティブタイムマネジメント機能」で効率的な運用
16:40 - 17:30 懇親会

※タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

ご連絡先(キャンセル・お客様変更など)

株式会社 島津製作所 分析計測事業部 関西支社 分析計測3G 担当:奥
(TEL:06-6373-6556 / FAX:06-6373-6539)

年別一覧

Top of This Page