高分子分析セミナー
~ポリマー材料の評価・測定の最先端~
会期:3月5日(火),大阪

分析装置は,ポリマーの定性や,それに含まれる添加物の同定,発生ガスの定性定量,分子量確認などに非常に有用な手段となっています。
今回のセミナーでは,当社最新装置を用いて各種アプリケーションをご紹介いたします。
高分子材料の開発や品質管理にお役立ていただきたく,ご多忙とは存じますが,ぜひご参加いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

主催:株式会社島津製作所 関西支社

◆ 日 時 2019年3月5日(火) 13:00 ~ 16:10
◆ 会 場 株式会社 島津製作所 関西支社 マルチホール 会場アクセス
(大阪市北区芝田1丁目1-4 阪急ターミナルビル14階)
◆ 定 員
50名様(※定員になり次第,締め切らせていただきます。)
◆ 参加費
無料
◆ お申込み

以下のフォームに必要事項をご記入ください。

  • 定員になりましたので申し込みを締め切らせて頂きました。

受付後,参加票を送付いたします。

プログラム

時間 講演内容
13:00 - 13:10 開会のご撲拶
13:10 - 13:50

「GCMSによる高分子材料発生ガスと添加物の同定」

高分子材料からの発生ガスや添加物,異臭分析において,GCMSは加熱脱着装置等と組み合わせたシステムで利用されます。
本セミナーでは,新製品である加熱脱着装置TD-30Rについて,分析事例を交えて紹介します。

講演:当社技術者
13:50 - 14:20

「熱分解(Py-)GC/MSシステムを用いた高分子材料の不良解析」

Py-GC/MSシステムを用いた高分子材料の不良品解析例について幾つか紹介します。

講演:フロンティア・ラボ株式会社
14:20 - 14:30 休 憩
14:30 - 15:10

「卓上型MALDI-TOFMSによる化成品の分析事例のご紹介」

新製品MALDI-8020はコンパクトな設置面積と優れたパフォーマンスを両立させ,幅広いお客様にご使用いただけるMALDI-TOFMSです。
本セミナーではポリマーなどの分子量確認について,MALDIの原理や、活用事例をご紹介します。

講演:当社技術者
15:10 - 15:30

「UHPLCを用いた分子量確認/高速GPCのご紹介」

高分子分析で活躍するGPC分析は高価な溶媒を用いるケースが多いですが,分析を高速化し溶媒消費量を大幅に削減する「高速GPC」をご紹介します。
分析コスト削減,環境負荷軽減に是非お役立てください。

講演:当社技術者
15:30 - 15:40 休 憩
15:40 - 16:10

「DARTによる材料の直接分析/分析前処理・合成・処方開発などの自動化のご紹介」

直接イオン化法による材料中の添加剤やフタル酸などの迅速分析の事例や,働き方改革が叫ばれる今求められる様々な自動化のソリューションをご紹介します。

講演:エーエムアール株式会社

※タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

ご連絡先(キャンセル・お客様変更など)

株式会社島津製作所 関西支社 分析計測営業部3G 担当:奥
(TEL:06-6373-6556 / FAX:06-6373-6539)

年別一覧

Top of This Page