第59回 機器分析講習会 第3コース
(日本分析化学会 関東支部)食品分析の基礎と実際
会期:11月28日(水),東京

分光光度計,蛍光X線,GC-MS,LC-MS/MS等の多様な分析機器が用いられる食品分析について,各種危害成分,機能性成分,異物・異臭の分析を主テーマに,分析の基礎から応用(初,中級レベル)までをカバーした内容を受講いただきます。
講習内容は二部構成とし,第一部では食品分析の第一線でご活躍をされておられる方々をお迎えし,分析の目的と背景,分析方法やノウハウ,さらには食品業界の動向やご自身の経験を踏まえての実践的なアドバイスをいただける予定です。
また,第二部では,分析の原理や分析法,分析事例を実際の装置によるデモンストレーションも交えて講習いただきます。
講習会参加の皆様の日頃の疑問にも十分にお応えできる体制を整えていますので,ぜひ基礎の再確認と実務の問題解決にご活用ください。

主催:公益社団法人日本分析化学会 関東支部

◆ 日 時 2018年11月28日(水)10:00~17:30
◆ 会 場 株式会社島津製作所 東京支社 2階イベントホール 会場アクセス
(東京都千代田区神田錦町1-3)
◆ 定 員 40名(※定員になり次第,締め切らせていただきます。)
◆ 参加費 学会員:6,000円,非学会員:7,000円
◆ お申込み 日本分析化学会ホームページよりお申込みください。
https://kanto.jsac.jp/course/59-3

プログラム

セッション 時間 内容
オーガナイザー
ガイダンス
10:00 - 10:10 ガイダンス

星薬科大学 岩崎 雄介 様

日本分析化学会 関東支部長挨拶

横浜薬科大学 望月 直樹 様

第一部 10:10 - 11:50 (1) 食品メーカーにおける異物・異臭分析の実際

キユーピー株式会社 宮下 隆 様

(2) 残留農薬・動物用医薬品分析と分析の精度管理

一般財団法人日本食品分析センター 藤田 和弘 様

11:50 - 12:50 昼食
12:50 - 14:30 (3) 自然毒を中心とする危害成分の分析の実際

一般財団法人日本食品検査 橘田 規 様

(4) 栄養・機能性成分分析の基礎と応用

株式会社ヤクルト本社 原田 勝寿 様

休憩 14:30 - 14:40  
第二部 14:40 - 17:30

(1) FT-IR,蛍光X線分析装置(EDX)を用いた異物分析の基礎と分析事例の紹介

(2) GC-MSを用いた残留農薬と異臭の分析法,分析事例の紹介

(3) LC-MS/MSを用いた各種危害成分(残留農薬・動物用医薬品・かび毒など)の
分析法と分析事例の紹介

※ 3班に分かれて,各パートをローテーションいただきます。

株式会社島津製作所

※タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

講師紹介

  • 宮下 隆 先生
    キユーピー株式会社 品質保証本部 食品安全科学センター長
    専門領域:食品成分分析,微生物試験,異物解析など
  • 藤田 和弘 先生
    一般財団法人日本食品分析センター 多摩研究所 試験研究部 部長 学術博士
    専門領域:残留農薬・動物用医薬品分析,機能性成分分析など
  • 橘田 規 先生
    一般財団法人日本食品検査 事業本部 試験部 副部長
    専門領域:かび毒・貝毒などの自然毒分析,残留農薬分析など
  • 原田 勝寿 先生
    株式会社ヤクルト本社 中央研究所 分析試験研究所長
    専門領域:食品栄養成分分析,食品機能性成分分析(含動態解析)など

会場アクセス

株式会社島津製作所 東京支社 2階イベントホール
(東京都千代田区神田錦町1-3)

Google Mapで見る

都営新宿線・小川町駅
東京メトロ千代田線・新御茶ノ水駅
東京メトロ丸の内線・淡路町駅のB7出口より徒歩6分
東京メトロ銀座線・神田駅より徒歩10分
JR神田駅西口より徒歩10分

ご連絡先(キャンセル・お客様変更など)

日本分析化学会関東支部 機器分析講習会(第3コース)係
電話:03-3490-3352
詳細・お申込み:https://kanto.jsac.jp/course/59-3
(島津製作所では受付しておりません。)

年別一覧

Top of This Page