残留農薬分析ワークショップ
~ サンプル前処理からLC-MS分析,データ解析まで ~
会期:6月12日(火),13日(水),14日(木),15日(金),東京

昨今,食品中の残留農薬の分析には,迅速かつ高感度な多成分の一斉分析法が求められており,質量分析装置がその中心的な役割を担っています。
本ワークショップでは,残留農薬分析における前処理技術と豊富なノウハウを有するアイスティサイエンス様とともに,残留農薬分析の作業の効率化やデータクォリティの向上を実現する技術や知見を紹介いたします。また,実試料を用いて,試料前処理からLC-MSを用いた分析,取得データの解析までの一連の操作を実習・習得いただきます。ぜひご参加ください。

  主催:株式会社 島津製作所
  共催:株式会社 アイスティサイエンス
◆ 日 時
2018年6月12日(火),13日(水),14日(木),15日(金) 10:00 ~ 17:00 (受付開始 09:40)
◆ 会 場 株式会社島津製作所 東京支社 2階セミナールーム 会場アクセス
(東京都千代田区神田錦町1-3)
◆ 定 員 各回 6名程度(※定員になり次第,締め切らせていただきます。)
◆ 参加費 無料
◆ お申込み

おかげさまで定員となり,申込受付を終了しました。

プログラム

時間 セミナー内容
午前
  • STQ法による前処理3ステップ【講義】
    凍結粉砕 → QuEChERS法による抽出 → STQ法による精製の3ステップの講義
  • LC-MS/MSによる残留農薬一斉分析【講義】
    Ready to Use の分析メソッドを用いた LC-MS/MS による残留農薬の一斉分析法とその分析事例,ノウハウなどの紹介
午後
  • STQ法による前処理3ステップ【実習】
    予冷方式ドライアイス凍結粉砕セットと自動前処理装置 ST-L400 を使用,実試料を用いた実習
  • LC-MS/MSによる残留農薬一斉分析【実習】
    LC-MS/MS と残留農薬分析用メソッドパッケージを用いた高速一斉分析の実習
    多検体定量支援ソフトウェア LabSolutions Insight を用いたデータの解析の実習

※タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

ご連絡先 (キャンセル・お客様変更など)

株式会社島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 担当:中村
(TEL:03-3219-5609 / FAX:03-3219-5557)

年別一覧

Top of This Page