島津 フードセーフティフォーラム 2017
会期:7月18日(火),福岡

食の安全に関する話題は社会生活における大きな関心事となっており,食品の成分表示,規制への対応,安全性確認のための自主検査など,食品分析のニーズは多様化するともに,高い精度が求められています。島津製作所は分析技術の向上と,価値ある情報の提供により,食の安全に関わる分析のトータルサポートを目指しています。

本フォーラムでは,公的機関,生活共同組合連合会他で長年食品分析に携わられ,現在もFOOCOM.NETコラムで情報を発信,残留農薬分析国際交流会代表幹事,農薬レギュラトリーサイエンス研究会委員長を務められる東海コープ事業連合・商品検査センター技術顧問の斎藤様をお迎えし,残留農薬分析における最近の動向,トピックス,課題,これまでにお取り組みの技術開発などについてご講演をいただきます。また,分析の前処理技術に定評のある株式会社アイスティサイエンス様より,残留農薬分析業務の省力化や分析精度の向上を実現する最新の前処理技術を,当社からは残留農薬やカビ毒などの危害リスク成分の分析,異物や異臭の解析などの技術を,「皆様の業務の効率化に向けて」を今回テーマに掲げ紹介をさせていただきます。

株式会社島津製作所 分析計測事業部

◆ 日 時 2017年7月18日(火)11:00~17:00 (受付開始: 10:30)
◆ 会 場 株式会社島津製作所 九州支店 会議室 会場アクセス
(福岡市博多区冷泉町4-20 島津博多ビル 3階)
◆ 定 員 50名(※定員になり次第,締め切らせていただきます。)
◆ 参加費 無料
◆ お申し込み

お申込みフォームを利用してお申込みください。受付後,折り返しFAXにて,受付票をお送りいたします。

プログラム

時間 セミナー内容
11:00 - 11:10 ご挨拶
11:10 - 12:00 FTIRとEDXによる異物解析
異物の解析に用いられるフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)とエネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDX)の原理,特長,オプションツール,解析事例,注意点などを紹介いたします。

当社 技術者

12:00 - 13:00 休憩(軽食をご用意しております)
13:00 - 13:50 招待講演 残留農薬分析に関する最近の動向,課題とその解決への取り組み
食品中残留農薬分析は,厚生労働省の通知法(一斉,個別試験法)に基づく,又は同等の性能を有する試験法を用いて,妥当性評価試験をしながら業務が進められている。それと共にQuEChERS法(又は改良法)を用いた簡易迅速法もモニタリング法として広く世界でも使用されている。これらの状況を踏まえ,今後の残留農薬分析の課題や現状の技術開発,自動化などを紹介する。

東海コープ事業連合 商品検査開発センター 技術顧問 斎藤 勲 様

13:50 - 14:40 招待講演 ビデオで納得 残留農薬分析前処理の3ステップ
GC/MS・LC/MSによる分析に必要な前処理を3ステップ(①粉砕:凍結粉砕→②抽出:QuEChERS→③精製:固相を用いた全自動前処理装置)で簡単に行うSTQ法を動画を交えて解説いただきます。

株式会社アイスティサイエンス 船倉 洋 様

14:40 - 15:00 GC/MSを用いた残留農薬分析ソリューションの紹介
高感度と高速性能を兼ね備えたGC/MS/MS,分析条件や化合物情報が登録された定量用/スクリーニング用のデータベースなど,残留農薬の分析ソリューションを紹介いたします。

当社 技術者

15:00 - 15:25 コーヒーブレイク
15:25 - 16:10 食品分析のトータルソリューションを提供する次世代GC/MSシステムの紹介
残留農薬,異臭,異物・有害成分分析など,1台の装置で多目的な用途の分析を迅速かつ簡便に実施可能とする次世代のGC/MSシステムを紹介いたします。

当社 技術者

16:10 - 17:00 LC/MSを用いた各種危害物質の多成分一斉分析ソリューションの紹介
世界最高レベルの感度と高速性能を兼ね備えたLC/MS/MS,Ready to Useの分析メソッドを提供するデータベースを用いた残留農薬やカビ毒の分析事例,分析ノウハウなどを紹介いたします。

当社 技術者

 ※タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。
 

 

◆ プログラム補足資料 - 皆様の業務の効率化に向けて

本フォーラムでは,「皆様の業務の効率化に向けて」をテーマに掲げ,分析条件検討,サンプル前処理,データ解析などの作業の省力化,また,限られたリソースの有効活用といった,業務の効率化のサポートを目指した当社の取り組みを紹介します。

ご連絡先 (キャンセル・お客様変更など)

株式会社島津製作所 九州支店 小田
(TEL:092-283-3334 / FAX:092-283-3342)

年別一覧

Top of This Page