EDX-7200

エネルギー分散型蛍光X線分析装置 EDX-7200

NEW TSCA PBT規制の対策 樹脂中PIP(3:1)のスクリーニング分析を追加しました

さまざまな形態の試料を非破壊で分析

EDX-7200は,非破壊で固体・粉体・液体などの元素分析ができる蛍光X線分析装置の特長を生かし,有害元素の受入検査や,医薬品・食品の異物分析,考古学試料や宝石の成分分析など,あらゆる分野の多種多様なアプリケーションで使われています。

 

■ 電気・電子

・RoHS指令,ハロゲンフリーなどのスクリーニング分析
・半導体,ディスク,液晶,太陽電池などの各種薄膜分析

■ 自動車・機械

・ELV指令対応のスクリーニング分析
・各種機械部品の組成分析およびめっき膜厚,化成皮膜付着量の測定

■ 鉄鋼・非鉄

・原材料,合金,はんだ,貴金属の主成分,不純物の分析
・スラグの組成分析

■ 鉱業

・選鉱工程における品位判別分析

■ 窯業

・セラミックス,セメント,ガラス,レンガ,粘土の分析

■ 石油・石油化学

・オイル中の硫黄の分析
・潤滑油中の各種添加元素および混入元素の分析

■ 化学工業

・無機・有機原料および製品分析
・触媒,顔料,塗料,ゴム,プラスチックの分析

■ 環境

・土壌,排水,焼却灰,フィルタ,PM2. 5などの組成分析

■ 医薬

・合成時の残留触媒分析
・原薬中の不純物分析,異物分析

■ 農業・食品

・土壌,肥料,植物の分析
・食品の原材料分析,添加元素の管理,混入異物の分析

■ その他

・考古学試料や宝石の成分分析,玩具・日用品中の有害重金属測定など

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

カタログ

ダウンロード 

 
 
 

蛍光X線分析法の原理・特長

ボーアモデルで表した電子の軌道と蛍光X線発生の原理
ボーアモデルで表した電子の軌道と蛍光X線発生の原理

蛍光X線の発生原理

試料にX線管からのX線を照射すると,試料に含まれる原子から固有のX線が発生し試料外に放出されます。このX線は蛍光X線と呼ばれ,各元素特有の波長(エネルギー)をもっています。したがって,このX線の波長を調べることにより定性分析ができます。また,蛍光X線の強度は濃度の関数となるため,元素特有の波長ごとにX線量を測定すれば定量分析を行うことができます。

Top of This Page

お問い合わせ