Shim-pack シリーズ

前処理カラムラインアップ

Shim-pack MAYIシリーズ

Co-Sense for BA 向け生体試料前処理用カラム

Shim-pack MAYIシリーズ

Shim-pack MAYIシリーズは,粒子径の最適化および新開発のコーティング技術により,高いタンパク除去効率と長期安定性を実現した オンライン前処理カラムです。多検体の連続分析においても優れた再現性をもたらします。
逆相クロマトグラフィー用5種(MAYI-ODS,MAYI-C1,MAYI-C4,MAYI-C8,MAYI-C14),陽イオン交換クロマトグラフィー用1種(MAYI-SCX)および陰イオン交換クロマトグラフィー用1種(MAYI-SAX)がラインアップし,さまざまなアプリケーションに対応できます。

Shim-pack MAYIシリーズのイメージ

Shim-pack MAYIシリーズの原理

目的成分は保持,タンパクは素通りシリカゲル(50μm)の外表面を親水性ポリマーでコーティングし,細孔内部のみをオクタデシル基(ODS)で化学修飾しています。タンパク質のような高分子は細孔内部には入れず,外表面の親水性ポリマーにブロックされるため,固定相ODSには保持されずに速やかに溶出されます。
一方,薬物のような通常の有機低分子化合物は細孔内部に浸透し,内部表面の固定相に保持されます。

素早く確実なタンパク除去

新開発の親水性ポリマーコーティング技術が,生体試料注入後のタンパク質などの高分子を素早く確実に除去し,目的成分の高回収率を達成しました。分析カラムやLC-MSインタフェースを確実に保護すると共に,分析終了までの時間を短く抑えることができます。

Pre-column Diol

移動相中の不純物は,分析カラムの目詰まりや充填剤の劣化の原因となります。Shim-pack Diol,Shim-pack WAX・WCX,Shim-pack HPCシリーズの保護には、Pre-Column Diolを送液ポンプとインジェクタの間に接続ください。特に塩濃度が高い場合、塩に含まれる微量の不純物除去に有効です。

製品情報

品名 固定相 粒子径(μm) サイズ
(内径 × 長さ,mm)
P/N
Pre-column Diol ジオール基 10 4.0 x 50 228-16367-91

特長

Top of This Page

お問い合わせ