測定例

バイオ医薬品凝集性評価システム Aggregates Sizer

SVP領域の粒子量を定量的に評価

■pHを変えた場合のγグロブリンの粒子径分布と粒子量の変化

pHを変えた場合のγグロブリンの粒子径分布と粒子量の変化

γグロブリンを純水,フタル酸緩衝液(pH4),リン酸緩衝液(pH7.4)に分散させた場合の粒子径分布と粒子量を示します(濃度:1 mg/mL)。
会合凝集粒子は1μmから10μmの間に多く分布し,SVP領域の粒子量は純水分散の場合が最も多く約4.4μg/mL,リン酸緩衝液の場合が最も少なく約0.4μg/mLと10倍以上の差がありました。

使用したセル

ディスポーザブルセル
サンプル量0.4mLで測定可能です。

ディスポーザブルセル

凝集体の経時変化を定量的に確認

■最大15時間の連続測定が可能

SALDの特長である高速測定の機能を生かして,凝集体SVPの変化(サイズおよび量)の状態を最短1秒間隔ごとに定量的に確認することができます。したがって,変化前と変化後の状態だけでなく,途中経過が観察でき,変化のスピードを評価することもできます。また,逆に連続測定によって変化しないことも評価でき,サンプルが安定な状態にあることも確認できます。

POINT
1. 単一レーザ光源系を採用することで最短1秒と高速測定が可能。タンパク質凝集体の時系列変化を測定できます。
2. 回分セルによりバイオ医薬品を攪拌しながら測定が可能。攪拌によりバイオ医薬品の凝集が進むとの報告もあり,バイオ医薬品の凝集に対する特性評価スクリーニングにもお使いいただけます。

機械的刺激による凝集性評価が可能

■数日掛かる凝集性評価を短時間で実現

回分セルの攪拌機能を用いて,サンプルに機械的刺激を与えて,その変化を観察することができます。これによって,一種の加速試験を本システム単体でも行うことができ,機械的刺激によって凝集しやすいタンパク質をスクリーニングすることができます。

■L-アルギニン添加による凝集体形成の阻害効果

Fig.1L-アルギニン添加による凝集体量の変化
上「L-アルギニン 添加なし」 下「L-アルギニン 100mM添加」

BSA分散液(Trisバッファー pH5)にL-アルギニンを添加することによる凝集体形成の阻害効果を確認する測定を行いました。付属の攪拌機構を使用することにより,短時間で凝集体を形成することが可能です。
測定された総粒子量と攪拌時間の関係をFig.1に示します。L-アルギニンを添加する事により,形成される凝集体量が減少することがわかります。

使用したセル

回分セルSALD-BC75
必要液量は5mLです。 四フッ化エチレン樹脂製の漏斗(ろうと)を装備していますので,指や手に懸濁液がつく可能性が少なくなります。また,セルの表面も汚れません。

回分セルSALD-BC75

■機械的刺激による凝集体形成の評価

機械的刺激による凝集体形成の評価

μグロブリンをリン酸緩衝液(pH7.4)に分散させ,Aggregates Sizerの回分セルに標準装備の攪拌機構で攪拌した場合の粒子径分布と粒子量の時間経過を示します。(攪拌時間:0, 10, 20, 30min, 濃度1mg/mL)
SVP領域の会合凝集粒子の粒子量は,攪拌を行わない場合(0 min)は約0.4μg/mLでしたが,攪拌を30分行った場合約2.2μg/mLと5倍以上増加しました。

使用したセル

回分セルSALD-BC75
必要液量は5mLです。 攪拌プレートの上下運動によりサンプルに機械的刺激を与えることが可能です。

回分セルSALD-BC75

Top of This Page