バイオマーカー探索

各種質量分析計と対象成分ごとに用意されたメソッドパッケージ・ライブラリの組み合わせにより、多成分を一斉に分析し網羅的な解析を可能とするワークフローを提供します。 メタボロミクス解析は、近年疾患マーカーや薬剤の効果・毒性予測マーカーの探索等の臨床研究に利用されつつあります。LC/MSを用いた一次代謝物をはじめ脂質メディエーター(生理活性脂質)やリン脂質などのLC/MS一斉分析も可能です。 またMSイメージングでは、光学 / 蛍光顕微鏡像とMS(MS/MS)イメージング画像を測定・重ね合わせることで,形態情報と代謝物の局在情報を評価することが可能です。 さらに遺伝子解析では次世代シーケンサー(NGS)用ライブラリーのサイズ分布や、PCR産物、プラスミドDNA、mRNAなどの確認に有用な自動電気泳動装置や、毒性を持つタンパク質であっても合成が容易な、無細胞タンパク質合成試薬も用意しています。

 

関連製品

関連アプリケーション

Top of This Page