高周波数による疲労試験

高周波数による疲労試験

試験周波数20 kHzのため,10の9乗~10乗オーダの疲労試験が短時間でできます。
クランクシャフトや車軸,タービンブレード翼,エンジンまわりの材料・素材評価に用います。

超音波疲労試験装置 USF-2000
Top of This Page