タービン内の割れ欠陥の観察/X線CT

タービン内の割れ欠陥の観察/X線CT

X線透視装置は,対象物の内部構造を破壊することなく観察することができ,工業製品の故障原因の究明にも有効な手段となっています。
非破壊で内部の断層像や3次元像が簡単に撮れ、内部の形状観察、寸法計測や密度観察ができるので不良解析や品質管理に威力を発揮します。

タービン内を観察しました。
タービン内の割れ欠陥が確認できます。

タービン内部

inspeXio SMX-225CT

マイクロフォーカスX線CTシステム
inspeXio SMX-225CT

マイクロフォーカスX線CTシステム inspeXio SMX-225CTは微小部品から大形部品まで、幅広い範囲の試料に適合したCTです。開放形X線管を搭載しているため、フィラメント交換で済みランニングコストが安くてすみます。

Top of This Page