内装用高分子材料の成分解析・不良解析

内装用高分子材料の成分解析・不良解析

自動車内用部品や電池材料などに使用される,プラスチック,ゴムの材質判定,成分の解析,劣化の解析,不良解析などを簡単に行えます。
顕微鏡を組み合わせることにより,部分構造解析にも有効です。

自動不良解析システム

赤外スペクトルは分子振動に基づいたパターンを与え,試料の構造情報が得られます。赤外顕微鏡と組み合わせることにより,10μm程度までの微小異物解析を行います。

Top of This Page