島津NDI技術セミナー 2016
会期:7月8日(金),京都

このたび,島津製作所は非破壊検査技術(NDI)をテーマとしたセミナーを開催する運びとなりましたので,ご案内いたします。
当社から4月に発売開始しましたマイクロフォーカスCTシステムとアプリケーションをご紹介いたします。
ご多忙とは存じますが,皆様には是非ともご来場たまわりますよう,何卒よろしくお願い申し上げます。

島津製作所 分析計測事業部

日   時
2016年7月8日(金)13:00 ~ 17:20   定員のため申込受付を終了しました。
会   場 島津製作所 本社・三条工場 研修センター 4F 43号
(京都市中京区西ノ京桑原町1 会場アクセス
定   員 60名様
参 加 費 無料
お申込み 上記のお申込フォームを利用してお申込みください。 受付後,折り返しFAXにて,受付票をお送りいたしますので,当日会場にご持参ください。
また,セミナー終了後,装置見学会,交流会を行いますので,ぜひご参加ください。
セミナープログラム 受付開始:12時30分  
時間 セミナー内容 
13:00~13:05

開会挨拶

13:05~13:55

【招待講演】「計測用X線CTのISO標準開発の動向」
計測用X線CTのように複雑な測定機が産業的に普及するためには,客観的な性能評価法の確立が必要不可欠です。現在進行中のISO標準開発の動向をわかりやすく解説し,ものづくり産業に貢献する姿を概説します。

国立研究開発法人産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 幾何標準研究グループ
阿部 誠 様

14:00~14:30

【招待講演】「電子部品のX線CT画像診断(故障解析での活用事例)」
非破壊解析の中で透過X線観察は最もポピュラーな手法であるが,複雑な構造物では重なりが出て良く見えない。透過X線装置では不得意とする構造物の解析に活躍するX線CTの活用方法について事例を用いて解説する。

 沖エンジニアリング株式会社 信頼性技術事業部 故障解析グループ
中村 典子 様

14:30~14:50

休憩

14:50~15:20

【講演】「最新型のX線CTシステムの紹介」
大型 高解像度フラットパネル検出器の搭載によって,業界トップクラスの広い撮影視野と高い解像度の3次元画像を得ることができるマイクロフォーカスX線 CTシステム「inspeXio SMX-225CT FPD HR」と,本装置で撮影したアプリケーション事例をご紹介します。

弊社技術者

15:20~15:50

【招待講演】「道総研工業試験場におけるX線CTの活用事例について」
当場では農産物,工業製品等の様々な物を対象にX線CTによる評価を行っている。また超高速演算処理システム HPC およびFPD換装により撮影性能の大幅な向上を図っている。その一部の活用事例を報告する。

 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 産業技術研究本部
板橋 様

15:50~16:20

【招待講演】「LED実装技術の推移をX線画像で見る」
LED実装技術について,実際のLEDデバイスとLED照明ランプを,X線で見る。LED製品設計コンセプト,世界各社LEDの実装技術と現状,LED照明の品質について,過去から現在までの,その推移を知る。

 Grand Joint Technology Ltd.
大西 哲也 様

16:20~16:50

【講演】「X線CTおよび超音波顕微鏡による観察事例の紹介」
材料および部品等の内部構造等の観察事例の他,疲労試験等でストレスを加えることによりCFRPの内部に発生した亀裂やデラミネーションをとらえた画像をご報告します。

 株式会社島津テクノリサーチ 技術営業部
中山 貴司

16:50~

閉会挨拶

17:00~17:50

最新型マイクロフォーカスX線CT見学会

18:00~19:30

交流会

タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承ください。

最新NDI製品

inspeXio SMX-225CT FPD HR

inspeXio SMX-225CT FPD HR
常識を覆す画質・進化した操作性

自社製マイクロフォーカスX線発生装置と大型高解像度フラットパネル検出器を搭載した高性能マイクロフォーカスX線CTシステムです。

Xslicer SMX-6000

Xslicer SMX-6000
X線透視とCT撮影をシームレスに融合

自社製マイクロフォーカスX線発生装置と高感度フラットパネル検出器を搭載したCT機能付きX線検査装置です。

ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
  株式会社島津総合サービス 山田 香代子
  (TEL:075-823-1986 / FAX:075-841-9325)

年別一覧

Top of This Page