EDX-LE

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

受け入れ検査など,多数の製品に対して管理値を基準に有害元素の含有量を合否判定するスクリーニングでは、現場での作業性の向上や運転コスト低減が求められます。 EDX-LEは,こうしたニーズにお答えいたします。

運転コスト低減,メンテナンス性向上

自動エージング機能

液体窒素不要型検出器を搭載
液体窒素による冷却を必要としない検出器を搭載していますので、運用上のランニングコストが大幅に削減できます。

X線管球自動エージング機能
X線管球の長寿命化にエージング(ならし運転)は装置管理上かかせません。 長期停止させた場合、再立上げ時にX線管球のエージングを自動で行います。故障を未然に防ぎ,操作性が向上しました。

装置チェック画面

測定前の装置チェック機能
常に安定した分析結果を得られるように装置の校正が必要ですが,校正のための操作や判断が短時間であることが望ましいです。EDX-LEは装置立ち上げ時のエネルギーチェックや定量値チェックをサポートします。 校正が必要である場合は,自動的に校正を行います。

Top of This Page