SALD-7500nano

ナノ粒子径分布測定装置

代替手段のない高感度ナノ粒子径分布測定を実現

ナノテクノロジー,ライフサイエンス,ファインバブルなど,最先端の技術開発・製品開発を強力にサポートします。

島津ナノ粒子径分布測定装置 SALD-7500nano

■ナノ粒子の実用化において最も重要な分散・凝集特性の評価を広範囲かつリアルタイムで実現
■低濃度ナノ粒子や光吸収性の高いナノ粒子の粒子径分布を正確かつ高感度に測定したいという強いニーズに応えて開発しました。ナノ領域において従来の約10 倍の高感度を実現,1ppm未満の低濃度サンプルも測定可能。今までは諦めていた低濃度ナノ粒子の測定が可能になります。
■ファインバブル(100nm~60μmの微細気泡)を1台の測定装置でカバー,しかもリアルタイムで気泡径の変化をトレースすることができます。
■バイオ医薬品に含まれるサブビジブル領域の凝集体評価にも対応,専用オプションを追加したバイオ医薬品凝集性評価システムもラインナップ。

7nm~800μmの幅広い粒子径範囲をカバー。
一次粒子から凝集体,コンタミまでを一台の装置で測定

・測定範囲7nm~800μmの粒子の変化を,単一光源,単一光学系および単一の測定原理で,切れ目なく連続的に測定できます。
・一次粒子から凝集体,コンタミまでを一台の装置で測定できるので,分散条件などによる凝集特性を幅広い範囲で確認できます。

 

ナノ粒子の実用化において最も重要な分散・凝集特性の評価を広範囲かつリアルタイムで実現

 

最短1秒間隔で連続測定,リアルタイムでのモニタリングも可能

・測定時間は最短では1秒。1秒間隔での連続測定やリアルタイムでのモニタリングが可能。これは,光源の切り換えが必要ない単一光源-広角度検出方式だからこそ実現できる機能です。
・ナノ粒子の分散・凝集・溶解などの反応プロセスを最短1秒間隔で連続観察し,その結果を保存することができます。さらに,統計処理,三次元表示などの機能を使用して多角的に分析・評価することができます。
・フローセルをファインバブル発生装置に直結すれば,ファインバブルの発生状況をインラインでモニタリングすることが可能です。

測定可能濃度範囲 0.1ppm~20%

・他の手法に比べて,非常に広い濃度範囲(0.1ppm~20%)で測定が可能です。
・粒子,特にナノ粒子は濃度により粒子径が変化してしまいます。濃度を変化させてナノ粒子の分散・凝集状態を観察することができます。
・希釈をすることで粒子径分布が変化してしまうようなサンプルでも,原液のまま,あるいは必要最低限の希釈をするだけで測定が可能なため,より正確な測定を行うことができます。

極少量のサンプルでの測定も可能

・回分セルSALD-BC75は,容量がわずか5cm3で測定が可能なため,懸濁液の廃液処理が少量で済みます。また,ほとんどの有機溶媒を使用することができます。
・高濃度測定ユニットSALD-HC75と独自の「ガラス試料板(くぼみ付スライドグラス)」の組み合わせにより,最小15マイクロリットルでの測定が可能になります。

Top of This Page