DPiMS-8060

探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計

さまざまな分野で利用できるDPiMS™の実力

 

さまざまなサンプルの測定が可能

  • 血液・尿などの体液
  • 実験動物・食品などの組織片
  • 野菜・果実などの植物材料
 
 

さまざまな目的に利用可能

  • 生体成分の検出
  • 化成品材料の検出
  • 薬剤・毒物などの検出
 

簡単な前処理のみで,さまざまなサンプルを測定可能

法医検体における迅速,簡便な薬毒物検出

  • 各臓器の一部を生体用プレートにのせ,50%エタノール(35 µL)を添加
  • On PlateでのMRM/プロダクトイオンスキャン分析で検出が可能

 

各臓器中のMT-45プロダクトイオンスキャン結果

 

LCMSとの切り替えが簡単

PESI TQユニットは簡単に取り外すことができます。ESIユニットとの交換が可能であり,同じイオン化原理,同じ標準物質で測定ができるので,データの比較も可能です。
麻薬 MT-45を服用した対象者の法医検体についてDPiMS-8060での定量を行いました。LCMSとよく一致した測定データを非常に短い時間で取得することができました。

組織切片 PESI-MS/MS
(µg/mL)
LC-MS/MS
(µg/mL)
肝臓 4.1 3.9
1.6 1.5
心臓 1.8 2.0
8.7 10.9
腎臓 1.7 1.5
測定時間 0.5 min 20 min

LCMSの分析条件をDPiMSに移管することで,簡単にメタボローム解析を実施

アミノ酸,有機酸,糖類などのメタボライト(26成分)のトランジション情報を利用して,マウス肝臓のメタボローム解析を実施しました。LCMS用一次代謝物メソッドパッケージの分析条件を一部カスタマイズし,簡単にメタボローム解析が実施できます。
四塩化炭素誘引急性肝障害モデルマウス群と対照群について,DPiMS-8060で測定し,主成分分析を行いました。PCAローディングプロットにおいて,タウリンが群分離に大きく寄与していることが示唆され,Box-whisker plotによる有意差検定により,モデル群と対照群の間には有意な差が観察されました(p<0.001, Welch’s t-test)

Top of This Page