Nexera UC - 特長

複雑な試料中の目的成分を直接自動分析!

農産物中の残留農薬の一斉分析の前処理における従来法との比較

従来法の前処理操作では試薬の添加や遠心分離など数多くの工程が必要となりますが,Nexera UCでは複雑な操作は必要としないため,農薬分析の大幅な効率化が図れます。

 

不安定な成分も確実に分析

従来の溶媒抽出では抽出溶媒と反応してしまう成分や,濃縮工程で熱分解・酸化してしまう成分も,抽出溶媒としてCO2を用い,濃縮工程も不要なNexera UCでは安定に分析できます。非常に酸化されやすい還元型コエンザイムQ10も,試料中の状態を保ったまま分析できます。

サプリメント中の還元型コエンザイムQ10の抽出・分析

乾燥ろ紙血スポッティング(DBS)からバイオマーカーを分析

Nexera UCでは微量の液体サンプル中の成分の抽出も可能です。バイオマーカー探索のときは,DBSの血液スポットを専用の抽出容器に入れるだけで分析が可能です。

リン脂質を添加した血漿DBSの抽出・分析

DBSの血液スポット

DBS用抽出容器

洗浄バリデーションの前処理を大幅に簡略化

医薬品製造において,設備内の前製品薬物の交叉汚染や異物混入を防止するために行われる洗浄バリデーションも,Nexera UCはサンプリングを行ったスワブ材を抽出容器に入れるだけで,抽出から分析まで自動で行います。これまでの洗浄バリデーションではサンプリングを行ったスワブ材を水で抽出後,TOC計で分析するのが一般的でした。しかし,疎水性の医薬品の場合はエタノール等で拭き取る必要があるため,TOC計では対応できないケースもあります。Nexera UCなら,あらゆる医薬品製造における洗浄バリデーションを1ステップで行えます。

スワブ片を充てんした抽出容器

界面活性剤を添加したスワブの抽出・分析

試料ご提供:第一三共株式会社 製薬技術本部 分析評価研究所様

ポリマー中の添加剤を超臨界流体で迅速抽出

ポリマー材料の熱や光による劣化阻止や機能性向上のために用いられるポリマー添加剤は,Irganox 1010に代表されるように,通常,低抽出性・低揮散性です。そのため,GCでは検出できないことが多く,THFやクロロホルムに対して難溶性を示すので,GPC分析も困難でした。Nexera UCはこれらの分析にも大きな力を発揮します。試料を粉砕して抽出容器に入れるだけで,不安定もしくは微量の添加剤分析を行うことができます。

ポリエチレン樹脂中の高分子添加剤の抽出・分析

究極の高速・高分離・高感度を実現

不安定な成分も確実に分析

  • 高拡散性で低粘性の超臨界流体による分析の高速化
  • 分離選択性の違いを活用した従来LCでは分離困難な成分の高分離分析
  • カラム充填剤への高い浸透性による,構造類似体,光学異性体,構造異性体の高分離分析
  • 分離モードの違いによる質量分析計の感度向上
  • 質量分析計への全量導入によるさらなる感度向上
  • 有機溶媒の使用量の低減による環境負荷とコストの削減

究極の高速・高分離化

高い拡散係数を持ち低粘性の超臨界流体を移動相に用いることによりHPLCに比べて流速が速い条件でも分離を損わず,分析時間を短縮できます。また,異性体の分離など高い分離選択性を示すことが多く,これまで分離が難しかった成分への適応が期待できます。

トコフェロール異性体によるLC条件とSFC条件の保持と分離比較

HPLCとSFCとの分離モードの違いによる感度比較

SFC-MS/MSでは,MS導入時に超臨界二酸化炭素が気化されるので,サンプルの濃縮が起こります。このため,LC/MS/MSと比較して約6倍の感度で検出できます。

同一MS検出器を用いたLC条件とSFC条件でピーク強度比較
(プロスタグランジンD2 10pg注入)

質量分析計への全量導入によるさらなる感度向上

低容量の背圧制御弁によりピーク拡散を抑制するだけでなく,カラム溶出液をスプリットすることなく全量を質量分析計に導入できるため,高感度な分析ができます。

MS検出器へのスプリットとスプリットレス導入によるピーク強度比較
(レセルピン10pg注入)

「Unified Chromatography」を支える確かな技術

Nexeraで培った技術に基づいたNexera UC専用ユニット

超臨界流体抽出ユニット SFE-30A

SFE-30Aは,固体試料や固体に吸着した試料から超臨界流体を用いて直接成分を抽出するユニットです。最大80°Cの加温機能により,広範囲の成分を抽出できます。専用の抽出容器は5mLと0.2mLの2種類あり,検体試料量に応じて選択できます。標準で4検体,ラックチェンジャ(オプション)使用時には48検体の自動抽出が可能です。

48検体の処理が可能なラックチェンジャ

2種類の抽出容器

CO2送液ユニット LC-30ADSF/超臨界流体背圧制御ユニット SFC-30A

ポンプヘッド冷却機能を内蔵した最大送液量5mL/min,最大使用圧力66MPaのLC-30ADSFと,独自の圧力制御機構を採用したSFC-30Aにより,低脈動で安定したベースラインが得られます。また,SFC-30Aは低内部容量の背圧制御機構により,ピーク拡散を抑制するだけでなく,カラム溶出液をスプリットすることなく全量を質量分析計に導入でき,超高感度分析を実現します。

LC-30ADSF

SFC-30A

環境負荷の低減にも対応

順相LCとNexera UCで,同じ分析を行った時のコストと溶媒の消費量を比較しました。従来LCと比較して87.6%ものコスト削減に成功しています。また,使用する溶媒はメタノールで,順相LCと比較してわずか5.8%の消費量で済みます。

分析におけるコストの比較

分析における溶媒消費量の比較

キラル分析のメソッド開発を強力に支援!

多様な条件で分析を自動で実行

SFCの高速性は光学異性体の分割はもとより,多くの化合物の一斉分析条件の時間短縮に適していますが,分析条件はトライ&エラーで検討する必要があるため,多大な労力と時間が必要でした。Nexera UC キラルスクリーニングシステムは最大12本のカラムと,4種類のモディファイアーとそのブレンディング比率を切換えながら多数の分離条件を自動で分析することができるため,大幅な省力化を可能にします。UHPLC/SFC切換システムを用いる場合はUHPLC,SFCそれぞれでのスクリーニングに加え,UHPLCとSFCのスクリーニングをひとつのバッチで実行することも可能です。

Method Scouting Solutionのメイン画面

“Nexera UC キラルスクリーニングシステム”を用いたキラル分析

株式会社ダイセルのキラル分析用カラムであるCHIRALPAK®シリーズ,CHIRALCEL®シリーズは相補的な固定相ラインアップで幅広い種類の化合物を光学分割できます。そのためNexera UC キラルスクリーニングシステムと組み合わせることで,最適なキラル分析の条件検討が容易になります。

CHIRALPAK,CHIRALCELは株式会社ダイセルの登録商標です。

Top of This Page