Nexera Prep

 リサイクル分取による高分離

低コストで分離が難しい成分を高純度回収
 
リサイクル分取システム 

リサイクル分離法とは?

リサイクル分取システムの流路

長い分取用カラムは高価であるため,比較的安価な短いカラムを有効に使用したいというニーズがあります。
「リサイクル分離法(クローズドバルブリサイクル)」は,カラムから溶出した目的成分を含む溶出液バンドをカラムに再導入することによって,カラム長さを長くしたのと同等の分離能を得ることができます。

リサイクルによる分離の改善例
未分離ピーク(赤)を完全分離(青)

右図に7回のリサイクル分離の結果を示します。1回目の注入(通常分離)では2成分の分離が不十分ですが(赤色部分),カラム溶出液からカラムへと戻し,再度導入して2回目の分離を行います。このサイクルを繰り返せば,繰り返し回数だけカラムを直列に接続したのと同様の効果が得られます。本事例では7回のリサイクル分離で最終的に分離度4.0以上の分離を達成しています(青色部分)。

流 量: 10 mL/min
検出波長: 254 nm
カラム: Shim-pack PREP-ODS(H) 20 mm I.D. x 250 mm L
移動相: 水/メタノール = 1/9 (v/v)
サンプル: 1% n-Butylbenzene / Iso-butylbenzene混合溶液

リサイクル分取専用ソフトウェア Recycle-Assist注)

シンプルな操作環境で自動リサイクル分取を実現

リサイクル分取が初めての方でも簡単確実に操作が可能な環境をご提供します。リサイクルから分取までのワークフローにおける主な画面構成は1つだけですので,設定ミスによって貴重なサンプルを無駄にしてしまうリスクを防ぎます。

3ステップでリサイクル条件設定完了

リサイクル開始/終了ポイントと自動分取開始のポイントの3点をクリックするだけで,リサイクル分取の条件設定が完了します。
面倒な数値パラメーターの入力を一切不要とし,リサイクル分取を簡単に始められます。

 
 注)FRC-10Aに対応しています。

Top of This Page