マイコトキシンスクリーニングシステム

i-Series Plus フードセーフティーアナライザ

食の安全を確保するカビ毒スクリーニングシステム

食の安全を確保 - i-Series マイコトキシンスクリーニングシステム -

カビ毒(マイコトキシン)は食品に付着したカビから産生される代謝物のうち,人や動物に健康被害をもたらす有害成分の総称です。

昨今,食品安全の立場から原材料中のカビ毒の自主検査が増加しています。本スクリーニングシステムは,世界で最も厳しいEU 基準値濃度のマイコトキシン10成分をわずか14分で高感度に検出することが可能です。また,試料の誘導体化処理を必要としないため,測定作業の省力化が図れます。

マイコトキシン10成分を迅速にスクリーニング
個別に測定していたマイコトキシンの一斉分析が可能に

マイコトキシンの中でも特に強い発がん性を有するアフラトキシンB1をはじめ,日本や欧州などで規制対象となっているマイコトキシン類10成分を14分で分析可能で,検出したい成分ごとに分析条件を変えて測定する必要がなく,検査業務の省力化を実現します。

 

Ready to Useなマイコトキシンスクリーニングシステムを実現

本スクリーニングシステムは,小麦粉や米粉などの穀物,リンゴ,牛乳を対象試料としたマイコトキシン10 成分の迅速スクリーニングが可能です。夾雑成分の影響を抑えた最適な前処理法と規制対象成分の分析条件を収録したCD-ROM,分析カラムが同梱されたキットを用いることにより,すぐに試料の測定が開始できます。
※ 上記スクリーニングキットとNexera-iに加えて,規制対象成分の標準試料,前処理カートリッジ,移動相の準備が必要です。

 

3つの特長

  • 世界的に最も厳しいEU基準値濃度のマイコトキシンを高感度に検出
  • 10成分を14分で迅速スクリーニング
  • 分析終了と同時にスクリーニング結果やレポートを確認可能

 

◆EU基準値濃度のマイコトキシンを高感度に検出
アフラトキシン類を蛍光誘導体化せず,直接検出が可能

i-Series Plus 内蔵のPDA 検出器での検出に加えて,世界最高レベルの感度を実現した蛍光検出器RF-20Axsを併用することで,アフラトキシン類を蛍光誘導体化することなく,EU指令の基準値濃度※を検出することができます。同梱の取扱説明書には対象試料である穀類(薄力粉,米粉),牛乳,りんごに合わせて最適化された前処理法を収載しています。抽出から分析までの各手順の留意点をトラブルシューティングとしてまとめておりますので,初めての分析を行う場合でも安定したデータ採取が可能です。
※ 乳幼児向け食品を除く

 

◆分析終了と同時にスクリーニング結果やレポートを確認可能
データブラウザ画面/レポートでスクリーニング結果を迅速確認

LabSolutionsのデータブラウザではクロマトグラムと自動計算された定量結果が一画面で確認できます。基準値による判定結果も同時に表示し,検査結果を迅速に把握することができます。また,レポートテンプレートにより,各サンプルごとの定量レポート,およびサンプルバッチごとのサマリレポートの自動作成,ならびにPDF出力が可能です。

 

膨大なデータの迅速な合否判定やより複雑な統計処理も可能

マルチデータレポート機能の使用により,膨大な数のサンプルデータの視認性を高めることが可能です。複数サンプルの合否判定結果を表一覧に出力し,サンプル数が膨大であっても一目で不合格サンプルを見出すことができます。また一連の定量結果をExcel 形式のファイルに自動で出力でき,グラフ作成や複雑な統計処理などを可能とし,中長期的なデータ管理を強力にサポートします。

ExcelはMicrosoft社の登録商標です。

⇒ マルチデータレポートの詳細はこちら
製品応用例 HPLC Application News「マイコトキシンスクリーニングシステムによる穀類中のマイコトキシン分析」(会員制サイト)

注意事項

  1. マイコトキシンスクリーニングキットは,穀類(薄力粉,米粉),牛乳およびリンゴ中のマイコトキシンのスクリーニング用途として,弊社が得た情報および内容のままご提供するものです。用途外の使用はお控えください。
  2. このキットの使用により生じた結果についてはお客様による判断の上でご活用ください。
  3. 基準値は下記の法令からの抜粋です。
  • Commission Regulation (EC) No1881/2006 of 19 December 2006
  • Commission Regulation (EU) No 165/2010 of 26 February 2010
  • Codex Standard 193-1995
  • Distribution of the report of the ninth session of the codex committee on contaminants in foods (REP15/CF)
  • アフラトキシンを含有する食品の取扱いについて(厚生労働省食安発0331 第5 号平成23 年3月31日)
  • 総アフラトキシンの試験法について(厚生労働省食安発0816第1号 平成23年8月16日)
  • 乳に含まれるアフラトキシンM1 の取扱いについて(厚生労働省食安発0723第1号 平成27 年7月23日)
  • 乳に含まれるアフラトキシンM1 の試験法について(厚生労働省食安発0723第6号 平成27 年7月23日)
  • 小麦のデオキシニバレノールに係る暫定的な基準値の設定について(厚生労働省食発第0521001 号 平成14 年5月21日)
  • 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令及び食品、添加物等の規格基準の一部改正について(厚生労働省食安発第1126001 号 平成15 年11月26日)

Top of This Page