動物実験代替法

動物実験代替法

動物実験を実施する場合は3つの原則(3Rs)に基づくことが前提とされています。すなわちReduction(できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること、削減)、Refinement(できる限り動物に苦痛を与えないこと、改善)およびReplacement(できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること、代替)です。欧州では2013年に化粧品開発における動物実験が完全に禁止されたように、動物を用いない代替試験法の開発が世界的に求められています。

日本動物実験代替法学会 第34回大会にてポスター発表

発表ポスターのご請求はこちら

会期:2021年11月11日(木)~13日(土)

【演題番号】 P-09
【演  題】 皮膚感作性試験法ADRAにおけるHPLC検出選択性の改善

発表要旨

皮膚感作性試験の動物実験代替法であるAmino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)には、その高い分離能からHPLCが用いられています。しかし、被験物質によっては目的成分と共溶出する成分が確認されることがあります。今回、ADRA試験における共溶出事例に対して、フォトダイオードアレイ吸光光度検出器によるピークデコンボリューションの実用性を評価し、その有効性を確認することができました。

 

関連アプリケーション

関連製品

Nexera XR

Nexera XR

Nexera XRモデルは、島津Nexeraシリーズの新たなスタンダードモデルです。3 μm以上の全多孔性粒子や、2 μm程度のコアシェルカラムを用いる高速/高分離分析に対応する70 MPaのシステム耐圧を有します。新設計のデュアルポンプにより内部容量を抑えた高圧グラジエント分析が可能なほか、スリムなカラムオーブンが省スペース化をも実現します。また、Nexeraシリーズに共通の先進的な新機能により、分析業務の効率化と、信頼性の高いクロマトデータ取得を強力に支援します。

 

  Nexeraシリーズの概要はこちら   

 
 
Shim-pack Veloxカラム

Shim-pack Velox C18カラム

Shim-pack Velox C18は,C18固定相に対し伝統的なエンドキャッピングをおこなっており,それはShim-pack Veloxシリーズ最高の疎水性保持をもたらし,医薬品,食品,環境および臨床分野といった広範なアプリケーションと低~中pHのレンジでお使いいただけます。一般的なエンドキャップC18固定相であるShim-pack Velox C18カラムは,Shim-pack Veloxシリーズで疎水性が最も高く,製薬,食品,環境,クリニカルなど幅広いアプリケーションに対応します。

 

Shim-pack Veloxカラムの概要はこちら 

 
 

分野別Solution

Top of This Page

お問い合わせ