セパレータの融解測定/DSC

セパレータの融解測定/DSC

リチウムイオン電池用セパレータは正極板と負極板の間に介在して、両極活物質の接触に伴う短絡の防止や、電解液を保持しイオンを通過させ導電性を確保する役割を担っています。
セパレータの融解、電解質の変質、分解等、加熱時の熱特性の評価に示差走査熱量計DSC-60は有効です。
図1はリチウムイオン電池から取り出したセパレータ3種類(1、2、3)についての示差走査熱量計による融解測定例です。
融解温度より1、2、3ともPEと見られます。2にはPPも存在すると推測されます。
結晶化度は融解熱量(面積)より、1<2<3の順で高いと考えられます。

図1:DSCによるセパレータの融解測定例

示差走査熱量計DSC-60

示差走査熱量計DSC-60

セパレータの融解、電解質の変質、分解等、加熱時の熱特性の評価に有効です。1μW以下の低ノイズレベル、高感度、高分解能が特徴です。液体窒素冷却装置を内臓しているため冷却過程の測定が容易に行えます。
ディテクタが自動クリーニングできます。
 

Top of This Page