産技研技術セミナー 特別編
においの正体に切り込む!
-においの正体から分析技術・製品開発まで-
会期:7月13日(水),大阪

私たちの生活に深く関わる「におい」や「香り」。しかし,「におい」の正体は意外と知られていません。本セミナーは,「におい」の正体を解き明かし,その分析技術や製品開発をご紹介をします。
さらに「におい」に関する研究開発をサポートする,産技研の技術支援メニューもご説明します。

「におい」「香り」に関わる企業・技術者の方はもちろん、興味をお持ちの方にはどなたでもご参加いただけます。

主催:地方独立行政法人 大阪府立産業技術総合研究所
共催:株式会社島津製作所

日   程 2016年7月13日(水) 13:15〜16:45(12:30~ 受付開始)
会   場 大阪府立産業技術総合研究所
和泉市あゆみ野2丁⽬7番1号 会場アクセス
定   員 40名
受 講 料 無料
お申込み 申込用紙 (PDF 154kB) に必要事項をご記入のうえ,FAXにてお申込ください
(FAX 0725-51-2520,産技研 業務推進課 宛)。折り返し,参加票をFAXで返送させていただきます。
セミナープログラム  12:30 受付開始  
13:15~

 開会の挨拶

 【第1部】 総 合 講 演
13:20~

 

 複合臭であるにおいをどのようにとらえればよいのか。
 香り,それは有機分子が生体内の香りを感じる部分との出会いによってもたらされる現象です。
世の中には色々な特徴の香りが存在します。これらの香りの特徴は,香りの原因を作っている有機分子という化学物質の形に依存しています。どのようにして香りを人は感じているのかについて,有機分子の形の特徴との関連で解説します。

 

埼玉大学大学院 理工学研究科 物質科学部門 准教授 長谷川 登志夫 先生 

 プロフィール
 1981 埼玉大学理学部化学科 卒業
 1983 東京大学大学院理学系研究科 修了
 1989 理学博士(東京大学)
 人が香りを感じるメカニズムについて,有機化学 の側面からアプローチし,複合臭をとらえるために,香りを構成する個々の成分ではなく成分群をあぶり出す方法を考案した。植物などの複雑な天然香料の原因 成分群特定を行っており,最近は,海外からもその研究内容が注目されている。
14:50~

 休 憩

 【第2部】 技 術 講 演
15:00~

 1 「技術支援」 産技研における“におい”の技術支援紹介

(地独)大阪府立産業技術総合研究所 繊維・高分子科 科長補佐 喜多 幸司 

 プロフィール
 1994 大阪大学工学部 卒業
 1996 大阪大学大学院工学研究科 修了
 2001 工学博士(大阪大学)
 においに関わる技術支援として,ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)によるにおい分析(異臭の原因推定)や,ガス検知管,におい識別装置,GC/MS等を利用した各種消臭・脱臭・芳香製品の性能評価,および企業との共同開発を実施しており,その事例を紹介する。
15:15~

 2 「分析技術」 複合臭であるにおいの分析方法

株式会社島津製作所 分析計測事業部 マネージャー 喜多 純一 

 プロフィール
 1981 京都大学工学部 卒業
 2014 九州大学工学部 博士
 1999年ににおい識別装置を開発,その後,2 回の改良を重ね,現在FF-2020Sシステムを販売中。途中,FF用に開発した希釈混合装置FDL-1を元に,検知閾値や弁別閾値を嗅覚を使って簡易 に,またシステマティックに測定するシステムも開発。成分分析では見逃されてしまう,複合成分の香り,においの,成分間の相互作用によるにおい質変化やマ スキング効果などを定量的に求める方法を検討している。
16:00~

 3 「製品開発」 新たなマスキング評価手法の研究と芳香消臭剤の製品開発

小林製薬株式会社 日用品事業部 研究開発部 芳香・消臭剤開発グループ 課長 松宗 憲彦 

 プロフィール
 2002 京都大学工学部 卒業
 2004 京都大学工学研究科
     博士課程前期(修士) 修了
 「液体ブルーレットおくだけ」「無香空間」「サ ワデー」などの日用品分野の芳香剤・消臭剤の製品開発・研究開発に従事し現在に至る。製品開発に必要な製品設計と,製品性能をできるだけ正確に数値化する 評価方法の研究が専門であり,業界団体である「芳香消臭脱臭剤協議会」の事務局長/理事,「におい・かおり環境協会」の技術賞選考部会も務める。

 内容が一部変更になる可能性もあります,ご了承下さい。

 ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
 地方独立行政法人 大阪府立産業技術総合研究所
 顧客サービス室 業務推進課
 (TEL:0725-51-2518 / FAX:0725-51-2520)

年別一覧

Top of This Page