SPM-9700HT

走査型プローブ顕微鏡 (Scanning Probe Microscope)

お客様の生の声,ユーザーズレビューを掲載しました(2020.6.17)

SPM-9700HT

未知の世界を見える化する

走査型プローブ顕微鏡(SPM)は、試料表面を微小なプローブ(探針)で走査し、試料の三次元形状や局所的物性を高倍率で観察する顕微鏡の総称です。SPM-9700HTは、ハイスループット観察をさらに進化させました。

特長

オプション・応用例

雰囲気制御チャンバーCH-Ⅱ(TMPなし)

・雰囲気制御走査型プローブ顕微鏡 WET-SPM
試料と周辺環境全体を制御でき、制御雰囲気下で試料処理を施し、そのままSPM観察することができます。

オプションで,温度湿度制御ユニット,試料加熱冷却ユニット,試料加熱ユニット,ガス吹き付けユニットをご用意しております。

粒子解析ソフトウェア

粒子解析ソフトウェア
画像データから複数の粒子を抽出、個々の粒子に対して特徴量を計算し,解析・表示。統計処理も可能です。

ナノ物性評価ソフトウェア

ナノ物性評価ソフトウェア
走査型プローブ顕微鏡のカンチレバー探針と試料との距離を変えながら探針に働く力を測定(フォースカーブ測定)することにより、表面/界面の物性を評価することができます。

動画

SPM(走査型プローブ顕微鏡)のご紹介

※ この動画は本編からの抜粋です。全編をご覧になりたい方はお近くの弊社営業所,もしくは表面組成分析機器お問い合わせフォームにてご請求下さい

 

カタログ

ダウンロード 

 
 
SMP資料室

当社が認定したエコプロダクツplusです。
消費電力 当社従来機種比80%削減
 

Top of This Page

お問い合わせ