WingSALD II

SALDシリーズ用測定・データ処理ソフトウェア

仕様

測定およびデータ表示機能

粒子径分布測定 アシスト測定(SOPによる対話形式)での測定が可能
屈折率の設定 屈折率自動計算機能により簡単に屈折率の設定が可能
粒子径分布リアルタイム表示 最短1秒間隔
光強度分布リアルタイム表示 最短1秒間隔
粒子径分布データ表示 最大200データの重ね描き
光強度分布データ表示 最大200データの重ね描き
粒子径分布再計算 最大200データの一括再計算
診断・調整 自己診断機能、セルチェック機能
統計処理 最大200データ
(最大200データの重ね描きも可能)
時系列処理 最大200データ
三次元表示 最大200データ
クリップボードによるデータ転送 [イメージ出力]データシート全体/グラフのみ [テキスト出力]要約データ/粒子径分布データ/光強度分布データ
データのソーティング ファイル名、サンプルID、サンプルNo.、または屈折率の順番で並べ替え
レポート機能 単一データ(テンプレート:6種類)、重ね描きデータ(テンプレート:5種類)、統計データ、時系列データ、三次元データを選択して一括出力可能

出力条件
粒子径(μm)分割数 固定101分割/51分割 任意(ユーザー設定可能)51分割
粒子量(%)分割数 固定51分割 任意(ユーザー設定可能)51分割
分布基準 個数、長さ、面積、体積
積算分布の表現 フルイ上、フルイ下
頻度分布の表現 q、q/Δx、q/Δlog x
スムージングレベル 10レベル
分布関数のあてはめ ロジンラムラー分布、対数正規分布
データシフト ±10レベル

データ解析機能
散乱角度評価機能 光学フィルムやシート等の微小角領域での散乱特性評価が可能
データ変換機能 SALDシリーズの測定結果をもとに、他機種・他原理の測定結果のエミュレーション(模倣)が可能
混合シミュレーション機能 複数の粒子径分布データを任意の混合比で混合した場合の粒子径分布データのシミュレーションが可能
データ接続機能 測定範囲の異なる2つの粒子径分布データを任意の粒子径ポイントで接続して、ひとつの粒子径分布データを作成可能

WingSALD II

※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

特長:仕様

Top of This Page