Nexera UC

超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステム

(日刊工業新聞社,2016年1月4日受賞,1月27日贈賞式)
十大新製品賞は,応募企業がその年に開発あるいは実用化した新製品の中から,モノづくり産業の発展や日本の国際工業力の強化に役立つ製品を,日刊工業新聞社が10点程度選定・表彰する制度です。十大新製品賞には,増田賞,本賞,モノづくり賞などがあり,当社超臨界流体抽出(SFE)/クロマトグラフ (SFC)システム Nexera UCは本賞を受賞しました。
分析試料中の目的成分抽出の操作から多成分の一斉分析まで全自動化が可能であることや,分析試料をセットした抽出容器をラックに載せるだけで自動連続抽出を実現し,人的誤差が極めて少ない,高い再現性を可能にすることなどにご評価を頂きました。

日刊工業新聞社 十大新製品賞詳細はこちら(外部サイトへのリンクです)

Nexera UCシステム(超臨界抽出-クロマトグラフ分析システム)

Nexera UCが2015年 R&D 100 Awardに選出!
Nexera UCが2015年 R&D 100 Awardに選出!

米国の技術情報誌「R&D」誌上で毎年その前年に製品化され最も技術的に優れた100の製品を世界中から選出する技術コンペに,当社超臨界流体抽出(SFE)/クロマトグラフ(SFC)システム Nexera UCが選ばれました。

Nexera UCの持つ高いスループットおよび分析感度が,前処理操作に要する時間を短縮する事と,分析時におけるヒューマンエラーの可能性を低減する点にご評価を頂きました。
⇒R&D100受賞製品詳細はこちら(外部サイトへのリンクです)


Nexera UCが2015年 Pittcon Editor's Awardを受賞!

2015年3月8日~12日に米国ニューオリンズで米国ピッツバーグ展 (PITTCON)が開催されました。分析機器のグローバルマーケットにおいて,もっとも革新的で市場を変える潜在的能力を持つ新製品にPittcon Editors’ Awards 2015が授与されます。

超臨界流体抽出/超臨界流体クロマトグラフシステム”Nexera UC”が、Pittcon Editors’ Awards 2015において金賞を受賞しました。Nexera UCは,超臨界流体抽出と超臨界流体クロマトグラフ,質量分析を全て直結,自動化したシステムで,前処理,抽出,分離分析,質量分析をシームレスに接続した装置と評価いただきました。

左から:Terry Adams, VP Marketing, Shimadzu Scientific Instruments; Bob Clifford, Marketing Manager, Food, Shimadzu Scientific Instruments; Stefan Fritsch, editor Instrument News; Bob Stevenson, editor American Laboratory magazine.(写真提供:Roy Engelbrecht, ngelbrecht Studios)

Nexera UCは,48サンプルまで一斉分析可能であることから,前処理にかかっていた時間を劇的に短縮し,より高い回収率が得られ,従来の手動システムと比べ,分析時のヒューマンエラーの可能性を低減できると期待頂きました。

Top of This Page