UF-Amino Station

LC/MS高速アミノ酸分析システム

9分間で38成分のアミノ酸関連物質の一斉分析

アミノ酸分析システム

 従来から用いられているイオン交換-ポストカラム誘導体化HPLC法は,多成分のアミノ酸の一斉分析には適しているものの,分析時間が非常に長いことが課題でした。一方,逆相-プレカラム誘導体化-UV検出法によるアミノ酸分析は,分析時間は大幅に短縮できますが,対象となるアミノ酸成分数に限界があります。 これらの課題を解決したのが,味の素株式会社と共同開発したUF-Amino Stationです。

アミノ酸分析システム

UF-Amino Stationは,専用の高速高分離カラムと,超高速対応質量分析計LCMS-2020を用いることで,わずか9分間で38成分以上*のアミノ酸・アミノ酸関連物質の一斉分析を実現できます。加えて,誘導体化反応は自動化しているため,煩雑な前処理操作は必要ありません。
夾雑成分の多く含まれる食肉や発酵食品などを対象とした食品分析や,培養液などを対象とした生化学分析の分野で,優れた威力を発揮します。
*主要アミノ酸20成分に加えて,アンセリン,シトルリン,タウリン,GABA(γ-アミノ酪酸)等のアミノ酸関連物質38成分以上

新しいアミノ酸分析の世界を切り開く4つのコンセプト

 
 
大幅な時間短縮
 9分でアミノ酸38成分を高速一斉分析
 
9分でアミノ酸38成分を高速一斉分析
優れた検出選択性
 分離不十分なピークもLCMSで確実同定
 
優れた検出選択性
 
シンプル操作のソフトウェアAmiNavi R
 ウィザードに従うだけで迷わず操作  
専用ソフトウェア
自動誘導体化による信頼性の向上
試薬添加から加温,注入まで装置におかませ
 
自動誘導体化

特長

アプリケーション

Top of This Page

お問い合わせ