Smart Environmental Database

GC/MS環境汚染物質分析用データベース


環境汚染物質分析用のMRMメソッド作成をサポートするデータベースソフトウェアです。

環境および食品試料中の環境汚染物質の分析には,夾雑物との高い質量分離と高感度で検出可能な選択性の高いMRM(Multiple Reaction Monitoring)分析が有効です。MRM分析にはトランジションの設定が必要ですが,Smart Environmental Databaseには500以上の環境汚染物質の最適なトランジションが登録されており,煩雑な設定作業を行うことなく分析を始めていただけます。
 

特長

GC-MS/MSによるMRM分析をサポート

ポリ塩化ビフェニル,臭素系難燃剤,ダイオキシン,多環芳香族炭化水素および有機塩素系農薬について,それぞれ安定同位体標識化合物を含む500成分以上の情報が登録されており,環境試料中および食品中の準揮発性有機化合物分析をサポートします。
化合物ごとに分離に最適なカラムおよびGC条件が予め設定されています。さらに,全化合物についてMRM分析に必要なトランジションが登録されており,煩雑な条件設定を行う必要がありません。

最適なMRMメソッドを自動作成

“Smart MRM”プログラムによって,MRMメソッドを自動作成します。多成分一斉分析では,測定プログラムの設定が困難ですが,”Smart MRM”では最適なプログラムを設定し,高感度メソッドを作成します。
MRMメソッドは,ターゲット化合物の保持時間情報を基に作成しますが,AART機能を用いることで,n-アルカンを1回分析するだけで保持時間を修正し,メソッド作成に進めます。

AARTによる精度の高い保持時間補正

全成分について保持指標が登録されているので,AART(Automatic Adjustment of Retention Time)機能によって簡単に保持時間の補正が可能です。
また,AART機能はn-アルカンによる多点補正なので,精度の高い保持時間補正を実現します。
 

データベース構成

本製品には,上記化合物の保持指標,CAS番号およびトランジションが登録されたデータベースファイルと,分析・解析に使用するメソッドファイルが含まれています。
登録化合物に適した情報が登録されているため,分析条件や解析パラメータの設定等の煩雑な作業することなく,測定を始めることができます。

登録化合物 化合物登録数 安定同位体標識化合物
登録数
ポリ塩化ビフェニル 209 45
臭素系難燃剤 55 28
ダイオキシン 32 26
多環芳香族炭化水素 38 37
有機塩素系農薬 32 25

※データベースに登録されている保持指標は,AART用メソッドファイルに登録されている分析条件によって算出されています。
 登録されている保持指標を使用される場合は,同じ条件で運用してください。

MRMによる高感度分析

河川水中のポリ塩化ビフェニル分析結果

(2,2‘,5,5’-Tetrachlorobiphenyl(#52) 水中濃度0.080 ng/L)

河川水中のポリ塩化ビフェニル分析結果

MRMによる高い選択性により,微量試料においても高感度に分析することができます。

対応装置

GCMS-TQシリーズ

動作環境

OS : Microsoft®Windows®7 Professional
Excel : Microsoft®Excel®2010 (32bit版),Excel®2013 (32bit版)
ワークステーションソフトウェア : GCMSsolution Ver4.3以降

注意事項

  1. データベースに含まれる情報の正確性や,その使用の結果得られる情報の有用性については何らの保証もされないことをあらかじめご了承下さい。
  2. 本システムで得られる定性及び定量情報は,確認のために必ず標準試料を用いた試験を実施してください。
  3. 本データベースを用いて登録物質を確実に同定するためには,製品に含まれるメソッドファイルの装置条件にて測定してください。

Top of This Page