HS-20 NXシリーズ

ヘッドスペースサンプラ

Next Level Performance

進化した分析性能
 
低キャリーオーバー

低キャリーオーバー

アイソレーションガスフローを採用したHS-20 NX シリーズは、キャリーオーバーを従来比1/10 に低減しました。高沸点化合物や高極性化合物など幅広い化学種の分析に対応し、確かな分析結果が得られます。

アイソレーションガスフロー

アイソレーションガスフロー

アイソレーションガスフローによって従来のヘッドスペースサンプラの課題であった、サンプリング時のベント流路からの試料拡散を防ぎます(特許申請中)。吸着性が高い化合物のキャリーオーバーを低減し、何度もブランクランを繰り返す必要がありません。

 
医薬品中の残留溶媒分析

医薬品中の残留溶媒分析
USP 467

医薬品残留溶媒分析ではDMF溶媒での分析後に水溶媒での分析を行うことがありますが、HS-20 NXではDMF のキャリーオーバーに悩まされることはありません。異なる溶媒種、濃度差の大きい試料の分析時には、低キャリーオーバーを実現するHS-20 NXが有効です。

エタノール面積再現性
エタノール面積再現性
0.7%以下(N=6)

高い分析再現性

オーブン下部からのサンプルバイアル搬入機構により、高い分析再現性を実現しました。島津独自のサンプルバイアル搬送システムは、オーブンへのバイアルの入出時にオーブン内の熱が逃げることを最小化し、繰り返し分析時でも高い温度安定性を維持します。

一般的なHSサンプラ

一般的なHSサンプラ

バイアル搬送時に内部の熱が逃げやすく、オーブン温度が一時的に低下

HS-20 NX

HS-20 NX (米国特許第8806965 号)

オーブン下部からの搬送だと内部の熱が逃げにくく、オーブン温度の安定性が向上

高温対応&不活性ショートフローパス

バイアルオーブンとサンプルラインは300℃、トランスファーラインは350℃までの高温設定が可能です。また、サンプル流路は不活性かつ最短距離で設計されており、高沸点化合物を含む測定対象成分の吸着やピークの広がりを抑制します。

トランスファーライン

樹脂アウトガス中の環状シロキサン

樹脂アウトガス中の環状シロキサン (m/z73)
高沸点成分でも高い回収率を実現

代替キャリアガス対応

最新式の電子フローコントローラーAFC を採用したHS-20 NX シリーズでは、定線速度/ 定流量/ 定圧モードでの高精度のキャリアガス制御が可能です。ヘリウムからの代替キャリアガスである窒素/ 水素使用にも対応し、分析メソッドの移管も容易に行えます。

 

Superior Usability

優れた操作性
 
カラム取り付け作業

カラム取り付け作業を簡便化

ClickTek NXコネクター

Nexsis GC-2030で採用されたClickTekを改良し、ヘッドスペースサンプラーに適用しました。誰でも簡単、かつ、工具レスでのカラム接続が可能になり、カラム交換やシステムメンテナンス時のオペレータの負担を軽減します。

自動オーバーラップ分析

ラボの生産性向上

簡単アクセス&自動オーバーラップ分析

HS-20 NX はユーザーがアクセスしやすい位置にサンプルトレイを配置しました。また、最大12 本のバイアル保温が可能なため、バイアル加熱時間が長いメソッドでも、総分析時間を最適化する自動オーバーラップ分析で、ラボの生産性を向上させます。

 

Beyond Expectation

予想を超える応用力
 
ラボの分析ニーズに柔軟に対応

 

サンプルを濃縮できるHS-20 NXトラップモデルのトラップモードでは、ループモードと比べ 10 ~ 100倍の更なる超高感度分析がヘッドスペース法で達成できます。HS-20 NXトラップモデルでは、ループモードでの運用も可能で、ラボの分析ニーズに柔軟に対応します。

Top of This Page

お問い合わせ