OpenLab CDS対応 島津GCドライバ Ver. 2.2

省スペース×高い信頼性をもつ新型オートインジェクタ AOC-30が制御可能に

AOC-30システムはシングルタワーで30検体までの自動分析に対応し、Nexis GC-2030と組み合わせた際のシステム幅553 mmと省スペース設計を実現しました。4 mL洗浄溶媒を最大4種類搭載し、強化された洗浄機能により高い分析性能を長期間継続させます。分析メソッド編集画面には Sampler Navigatorを搭載。熟練の技が詰まったメソッドを1クリックで作ることができます。分析キャパシティ増加に応じてサンプラを追加搭載し、150検体、洗浄溶媒12本のサンプラシステムに後から拡張することもできます。

ヘッドスペース分析と液体分析を1台で

ヘッドスペースサンプラでのキャピラリ分析と オートインジェクタでのキャピラリ/パックド分析をNexis GC-2030 1台でこなすことができます。構成は分析メソッドのセットアップで容易に切り替えられるため、煩雑な設定操作は必要ありません。

ヘリウムガス使用量を最小化

Nexis GC-2030にオプションのガスセレクタを搭載すると、分析メソッドやOpenLabの画面操作でキャリアガスを切り替えられるようになります。シーケンス分析完了後に代替キャリアガスに切り替えることで、ヘリウム消費量を最小化することができます。

Top of This Page

お問い合わせ