細胞コロニーピッキング装置 CELL PICKER

細胞コロニーのピッキング作業とリムーブ作業が自由自在

手作業と同等なピッキング作業を実現
ピペッターを用いた細胞コロニーのピッキング・リムーブの操作を自動化しました。
自動化したことで、ピペッターの吸引スピード等、作業者間差に繋がる操作が安定します。

シンプル操作で作業を記録
作業を画像で自動記録しながらピッキング作業が可能です。
シンプルな操作性のソフトウェアで、細胞コロニーの採取から播種まで実施して頂けます。

小型で省スペース
フットプリントが小さいため、実験室やクリーンベンチ等、限られたスペースにも導入頂けます。

 

効率的な作業をサポートするソフトウェア

CELL PICKERは、専用ソフトウェアで操作します。
細胞の観察、画像の記録、CELL PICKERの操作を1つの画面で行うことができます。

手作業と同等なピッキング作業を実現

ピッキングの作業に潜む,面倒で不安定な作業にお困りではないですか?
CELL PICKERは,細胞採取,播種,ピペットチップ交換を自動化し,オペレーターのスキルに依存していた細胞コロニーのピッキング・リムーブ作業を安定化しました。専用ソフトウェアでスムーズに作業して頂けます。

 

準備

 

手作業の場合

顕微鏡下で採取したい細胞コロニーを探し、ペンで印をつけます。

 

顕微鏡を覗きながら、容器の裏側に印をつけるのは面倒
逐一画像を撮っておくのは面倒

CELL PICKERの場合

動作条件(メソッド)を選択します。

設定可能な条件:モード選択、動作の全自動ON/OFF、分注位置の選択、ピペッティング回数、撮影タイミング

 

細胞コロニーを採取し、新しい培養器に播種する

 

手作業の場合

顕微鏡下でピペッターを操作して、1コロニーずつピペットチップを交換しながら、印をつけたコロニーを繰返しピッキングします。

長時間顕微鏡を覗きながら、作業するのは疲れる

CELL PICKERの場合

ソフトウェアで、細胞コロニーを見つけて、記録して、繰返しピッキングします。細胞採取、播種、ピペットチップ交換を自動化しています。

大画面表示とタブレット操作により、作業者の負担を軽減します。

 

採取・播種

 

手作業の場合

手の震えで、位置調整がしづらく不安定
作業が成熟するまで時間がかかる

CELL PICKERの場合

 

培養

 

手作業の場合

どんな細胞コロニーを採取したか記録がない

CELL PICKERの場合

画像取得も可能なので、ピッキングした細胞コロニーの記録を確認できます。

どんな細胞コロニーを採取したか記録が残る

 

専用ソフトウェア

CELL PICKERは、メソッドにより動作条件を予め設定して操作します。
メソッドを細胞種、ユーザー毎に設定することで、誰が使っても同じ方法でピッキング作業を実施することができます。

メソッドの設定
あらかじめ、CELL PICKERの動作条件を設定することができます。メソッドは最大10個まで保存することができます。

メソッド選択
保存されたメソッドから最適なものを選択できます。

細胞の観察、CELL PICKERの操作
細胞の観察、画像の記録、CELL PICKERの操作をすべて、メイン画面で行うことができます。

Top of This Page