細胞培養支援装置 CELL PICKER

細胞培養における細胞のメンテナンス作業をサポート

 たとえば,iPS細胞の未分化維持培養では,細胞が意図せず未分化状態を逸脱してしまうことがあります。このような未分化逸脱細胞は,他の細胞に影響を与えるため,通常は培養者がピペッタなどを用いて吸引除去しています。この除去作業は,非常に繊細な作業であるため,作業者の技量によって,除去範囲や作業時間などにバラつきが生じています。
 CELL PICKERは,細胞除去作業を半自動化することで,作業の効率や再現性を高め,細胞培養の安定性向上に寄与します。



特長

ピペット操作を自動化

CELL PICKERは,手作業で行っていたピペットでの細胞除去操作を自動化しました。
日常操作との差異がないため,導入後すぐに,従来通りのプロトコルで活用頂けます。
ご使用の顕微鏡への対応は,弊社担当者にお問い合わせください。



“ノウハウに頼らない除去作業”を実現

  • ピペットの角度・ストローク,吸引時間を制御したことで,除去する位置及び範囲を一定に保ち,作業の再現性を向上できます。
  • CELL PICKERの除去操作は,顕微鏡で除去対象を決定した後,コントローラーのボタンを押すだけです。除去操作をストレスなく行うことができます。

BEFORE

AFTER

 

Top of This Page