MOC63u

 

主な特長

シンプルな測定手順!

「イージー方式」を選択すると試料を入れてヒータカバーを閉めればスタートボタンを押さなくても測定開始し,測定までの手順を簡略化できます。

試料皿の大きさは余裕のφ95mm!

一般的にサンプルは「広く・薄く・均一に」ひろげるほど測定精度は高くなります。形状を工夫した反射板(特許申請中)を採用することにより,均一な加熱を実現しました。

  • 正確な水分測定を実現できるアルミ一体型「UniBloc」搭載
  • 高速で加熱可能な高出力ハロゲンヒータ搭載
  • 加熱時に試料の状態が確認できるワイドな観察窓
  • ひょう量60g/最小表示0.001g
  • 皿上温度は50~200℃まで設定可能
  • 測定条件10件,データ100件保存可能
  • 掃除,メンテナンスが容易
 

わかりやすい操作パネルと優れた拡張性

1,操作性に優れた十字キーを採用
2,測定状態を点滅表示する,リアルタイムインジケータを採用
3,視認性に優れたバックライト付き液晶採用
4,現状の皿上の状態をリアルタイムで確認できるグラフィックを搭載

1,プリンタ(EP-80,EP-90)に対応 I/Oポートを搭載
2,RS-232Cインターフェース標準装備
3,USBインターフェースを搭載。PCへの取り込みも容易です
■測定結果の出力例
1.機種名 :MOC63u
2.製造番号 :D209400009
3.装置ID :0000
4.試料コード :0040
5.日付 :2011年2月16日
6.時刻 :16時27分
7.プログラムNo. :0
8.測定基準値 :湿量基準水分率
9.測定条件 :自動停止モード
10.乾燥温度 :160℃
11.終了条件 :0.05%
12.測定前質量 :5.161g
13.測定経過  
14.測定経過時間 :測定基準に準じた測定値
15.測定後質量 :4.747g
 

多彩な測定モードであらゆるサンプルに対応

合計5モードでさまざまな試料の測定に対応します。

停止モード

自動停止モード(AUTOモード):
30秒間の水分変化(変動幅%)が設定値以下になったとき自動停止します。

時間停止モード(TIMEモード):
あらかじめ設定した時間(t1)で停止します。

標準以外の乾燥モード

急速乾燥モード(RAPIDモード):
乾燥初期段階に最高温度で乾燥させ,水分が減少したら設定温度に戻し,測定時間を短縮させます。

緩速乾燥モード(SLOWモード):
表面に膜を作る試料や,高温で分解しやすい試料などを緩やかに乾燥します。

ステップ乾燥モード(STEPモード):
表面付着水や結晶水など多量の水分を含む試料を,段階的に乾燥条件を変え測定することができます。

アプリケーション例

薄力粉データ

これは薄力粉の測定結果を,Excelにとりこんだものです。
上記のデータシートはこちら(Excel,43KB)からダウンロードできます。
アプリケーションノートはこちら(PDF,1.1MB)からダウンロードできます。

USBドライバ

USBインタフェースをお使いの場合は,インストールマニュアル(PDF,6.23MB)を参照してUSBドライバをインストールしてください。

Top of This Page

お問い合わせ