PETフィルムの弾性率・ポアソン比測定

PETフィルムの弾性率・ポアソン比測定
【規格番号 ISO527-3:2012(JIS K 7127:1999),ISO527-1:2012(JIS K 7161:1994)】

はじめに

プラスチックの材料試験方法として引張試験は広く採用されており,得られたデータは新規材料開発や品質管理を行うための指標とされています。プラスチック材料引張特性の評価項目としては,引張弾性率,ポアソン比,引張強度,引張破壊ひずみなどがあります。フィルム材料については,引張弾性率およびポアソン比の測定方法について規格で規定されてはいませんが,これらの値の測定への要望があります。
今回は,PETフィルムに対して,非接触式伸び幅計を用いて採取した,伸びと幅のデータを元に引張弾性率およびポアソン比の測定を行いました。

測定・治具など

フィルムの引張弾性率およびポアソン比を求める際には,サンプルに影響を与えずに微小な変位測定が可能な非接触方式の伸び幅計が必要です。また,これらの物性値を測定する際にはサンプルを均等に把持し,シワの発生等を抑えることが求められるため,つかみ具についても十分に検討を行う必要があります。本試験のように,フィルムの引張試験においては非接触式伸び幅計および箔用つかみ具を使用することを推奨いたします。

測定結果

Fig.1 試験の様子

Fig.2 応力とひずみの関係

フィルムの弾性率測定システム

試験機   :AG-Xplus
ロードセル :1 kN
試験治具  :1 kN用箔用つかみ具
伸び計   :非接触式伸び幅計 TRViewX55S
ソフトウェア:TRAPEZIUM X(シングル)

TRAPEZIUM X

卓上形精密万能試験機 
AG-Xplus

特長

  • 高精度ロードセルを採用(高精度形は0.5級,標準形は1級)
    ロードセル定格の1/1000~1/1の広い保証範囲。信頼性の高い試験評価をサポートします。
  • クロスヘッド速度範囲
    0.0005~1500 mm/minの広範囲で試験可能です。
  • 高速サンプリング
    最高0.2msecの超高速サンプリングです。脆性材の破断時などの急激な試験力の変化をとらえることができます。
  • オペレーションソフトウェア TRAPEZIUMX X
    便利さと使いやすさを追求したソフトウェアです。直感的な操作でお使いいただけます。
  • スマートコントローラ
    クロスヘッド位置を手元で操作できます。ジョグダイヤルを用いることで微小な位置調整が可能です。
  • 応用試験装置
    ラインナップされている豊富な治具に取り替えることにより,様々な試験に対応可能です。
Top of This Page