表面観察ワークショップ
会期:7月25日(木)~26日(金),東京

この度,お客様の実試料を用いての「表面観察ワークショップ」を企画いたしました。
この機会に,実機に触れていただき,研究開発や品質管理の業務にお役立ていただければと存じます。
ご多忙中とは存じますが,皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

ワークショップ概要

開催日時 2019 年7月25日(木)~ 26日(金) 10:00 ~ 12:00 / 12:45 ~ 14:45 / 15:00 ~ 17:00
会場 株式会社島津製作所 東京支社 会場アクセス
(東京都千代田区神田錦町1丁目3)
お申込み

Webからの申込受付は終了しました。

 

ワークショップスケジュール

日程 10:00~12:00 12:45~14:45
 
15:00~17:00
7月25日(木) A C
7月26日(金) D E F
 
 

デモ可能装置

走査型プローブ顕微鏡 SPM-9700HT

走査型プローブ顕微鏡 SPM-9700HT

ナノメートルの形状を大気中や溶液中でin-situ観察できる

走査型プローブ顕微鏡(SPM)は,試料表面を微小なプローブ(探針)で走査し,試料の三次元形状や局所的物性を高倍率で観察する顕微鏡の総称です。
SPM-9700HTは,高性能,スピーディ,簡単操作をさらに進化させました。

走査型プローブ顕微鏡 SPM-9700HT

3D測定レーザー顕微鏡 OLS5000

数千倍から一万倍の倍率で三次元構造が大気中に簡便に観察できる

3D測定レーザー顕微鏡は,微小領域の3D形状を正確に測定できる顕微鏡として,最先端研究開発,製品の品質管理,学術研究などにおいて広く使われてきました。
OLS5000は高精度で広範囲の観察・測定を,超簡単・超高速で実現します。

年別一覧

Top of This Page