島津 innovation セミナー 2016
会期:10月21日(金),京都

  当社の取り組みの一端をご紹介させていただきたく,『島津 innovation セミナー』を開催いたします。
セミナーでは,最新分析技術や測定のノウハウをご紹介します。また,会場では新製品を含む実機展示と技術者の立会いを行い,分析計測に関する様々なご相談をお受けしたいと考えております。
ご多忙中とは存じますが,ぜひご来場たまわりますよう,ご案内申し上げます。
 
主催: (株)島津製作所 京都支店
日   程 2016年10月21日(金)
会   場 島津製作所 本社 E1号館(本館) 101,102会議室
(京都市中京区西ノ京桑原町1 会場アクセス
定   員 50名様
参 加 費 無料
お申込み 申込用紙 (PDF 162kB) に必要事項をご記入のうえ,FAXにてお申込ください。
(FAX 075-823-1608,島津製作所 京都支店 分析計測営業課 吉野 宛)。
セミナープログラム  9:30 受付開始  
時間 セミナー内容
 9:55~

 開会のご挨拶

 10:00
 ~10:50

 『進化を遂げたHPLC最新技術のご紹介』

 様々な分野で活躍する液体クロマトグラフ。分取精製システムや二次元LC,超臨界クロマトグラフ等,お客様のニーズに合わせ,更なる進化を遂げたシステムをご提案いたします。本講演では,クロマト分析の多岐に渡る応用事例を,アプリケーションを交えてご紹介いたします。

 11:00
 ~11:50

 『新製品GCMS-TQ8050を頂点としたGCMSシリーズによる定性・定量分析への新たなご提案』

 フェムトグラムオーダーでの安定した分析が可能な超高感度トリプル四重極型GCMS-TQ8050のご紹介および,GC/MSを利用した定性解析(マススペクトルに,保持指標・分子量・精密質量を組み合わせた手法)をご紹介いたします。

 11:50
 ~13:00

 昼食
 ランチタイムセミナー 最先端機能性化学素材の研究開発における分析評価技術

 13:00
 ~13:50

 『自動不良解析システムのご提案とFTIR/EDX 統合ソフトのご紹介』

 ついに不良解析は自動で行う時代へ。観察・測定位置決定・測定・解析・・・全ての人をサポートする自動解析システムをご紹介。さらに,蛍光X線分析装置(EDX)と共にご活用頂ける『FTIR/EDX 統合解析ソフトウェア』をご提案いたします。本製品では,不良解析の元素情報と化合物情報を集約し,分析者を強力にサポートします。

 14:00
 ~14:50

 『【実演】EDXとFTIRによる異物分析・材料分析のデモ測定』

 金属や無機材料の分析が得意なEDXと,有機物や化合物の分析が得意なFTIRの両方を活用することにより,異物や材料をより正確に特定出来ます。製品中の異物を中心に「判ること」をご紹介いたします。

 15:10
 ~16:00

 『フタル酸エステル類のスクリーニング専用システムのご紹介-RoHS指令への追加に向けて-』

 RoHS指令の禁止物質にフタル酸エステル類が追加される中,PY-GC/MS法が注目されています。簡単な操作でスクリーニングが可能な「専用システム」を開発いたしましたので,ご紹介いたします。

 16:10
 ~17:00

 『走査型プローブ顕微鏡による形状と物性の同時評価ならびに三次元X線CT検査装置のご紹介』

 本講演は『観察』にフォーカスをあてております。高分子やフィルム表面の形状,吸着力や弾性率などの物性を高分解能で,定量的に画像化出来る新たなナノ物性評価手法のご紹介。そして,幅広い用途で用いられている非破壊検査技術ついて,各業界の事例を交えご紹介いたします。

タイムスケジュールは多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。

展示予定製品 (展示時間 9:30~17:30)

 ご連絡先  (キャンセル・お客様変更など)
 島津製作所 京都支店 分析計測営業課 吉野
 (TEL:075-823-1602 / FAX:075-823-1608)

年別一覧

Top of This Page