USF-2000 超音波式疲労試験機

超音波疲労試験機

USF-2000 超音波式疲労試験機

超高速疲労試験装置

超音波疲労試験装置は、20kHzで素材の疲労試験を行うことができます。したがって、これまでデータを採取することが困難であった109~1010オーダでの疲労強度を評価することができます。また、107サイクルの試験データであれば10分程度で試験を行うことができます。

【特長】

  • 20kHzの繰り返し速度で、金属素材などの疲労寿命を加速評価することができます。1010サイクルの試験も、わずか6日弱。
  • 共振状態試験を行うため、高い応力を発生でき、さらに経済的です。
  • 付属のパーソナルコンピュータ付きコントローラで、定応力振幅制御ができます。
  • 素材の長寿命評価、高速振動再現試験に最適です。
  • 省スペースで、置き場所を選びません。
  • 付属のWindowsソフトウェアを使用して、共振試験片の設計から実際の試験まで簡単に行うことができます。

【標準構成】

部品番号 名称
346-72207

エアコンプレッサなし
346-72207-01
超音波疲労試験機  USF-2000形
試験機本体 ( 設置用テーブル含む )
超音波共振システム
制御用パーソナルコンピュータ
超音波試験制御計測ソフト
冷却装置(エアコンプレッサ *、エアドライヤ、 エアー配管)
346-72209 変位計測装置 (渦電流式変位計 分解能 0.5μm)
346-52897-01 変位計校正装置 (高性能マイクロメータ CDE-25 C1形)
変位記録装置 高速データロガー(サンプリング速度 1MHz以上) 計測用ノートパソコン

【仕様】

試験周波数   20kHz±500Hz( 推奨試験範囲 20kHz±30Hz) *試験周波数は、試験体の共振周波数によって決まります。
ホーン端面振幅 ± 10~±50μm
試験応力範囲 試験片が± 10~±50μm変位した時の応力 *応力値は 試験片 形状と物性値に依存します。
所要電源 3φ200V:2kVA(エアコンプレッサ)
1φ200V:3.5kVA(超音波疲労試験機)
1φ100V:1kVA(PC,変位記録装置、エアドライヤ等)

【試験可能な材料 ・不可能な材料】

試験可能な材料 20kHzで共振することができ、共振時に発熱の少ない材料 例)高強度鋼、ジュラルミン、チタン合金、アルミ等
試験不可な材料 ・ 20kHzで共振できない材料 ・試験片の取り付けが困難な材料 ・ 20kHzで共振時摩擦による発熱が著しい材料 例)樹脂、セラミック等

【評価対象】

疲労強度
 

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page