SPM-9700HT 主な仕様

走査型プローブ顕微鏡 (Scanning Probe Microscope)

主な仕様

観察モード 標準 コンタクト
ダイナミック
位相
水平力(LFM)
フォースモジュレーション
オプション 磁気力(MFM)
電流
表面電位(KFM)
分解能 XY 0.2 nm
Z 0.01 nm
AFMヘッド 変位検出系 光源/光てこ/検出器
光源 レーザーダイオード(On/Off可能)
試料交換中もカンチレバーに対して連続照射
検出器 フォトディテクター
スキャナ 駆動素子 チューブ型ピエゾ素子
最大走査範囲
(X・Y・Z)
10μm×10μm×1μm (標準)
30μm×30μm×5μm (オプション)
125μm×125μm×7μm (オプション)
55μm×55μm×13μm (オプション)
2.5μm×2.5μm×0.3μm (オプション)
ステージ 試料最大形状 φ24mm×8mm
試料交換方式 変位検出系とカンチレバーが一体となったヘッドスライド機構
カンチレバーを装着した状態で交換可能
試料固定方式 マグネットによる固定
Z軸粗動機構 方式 ステッピングモーターによる全自動機構
試料の厚みにかかわらず全自動
最大可動範囲 10mm
信号表示パネル 表示量 検出器への総入射光量(デジタル表示)
除振機構 除振台 SPMユニットに内蔵
光学顕微鏡観察 方式 ビームスプリッタスライド方式
専用風防 方式 不要または雰囲気制御チャンバー使用
雰囲気制御 方式 SPMユニットを改造なしでチャンバーへ導入可能

Top of This Page