LDTD®イオンソース

 

優れた設計デザインが
レーザーダイオード熱脱離と
APCIを組み合わせたイオン化を
速やかに行います。

 

 

 

 

 

LDTD®イオン源はPhytronix Technologies Inc.の製品となります。

 

Laser Diode Thermal Desorption (LDTD)®イオン源は質量分析装置の直接イオン源として、極めて優れたハイスループット性能をユーザーに提供します。この革新的な技術は 1サンプルあたり、4秒以下での超高速分析を実現します。LDTDイオン源( US Patent 7,321,116 Phytronox Technologies Inc.) を搭載した LCMS-8060システムは、医薬、臨床、食の安全などのさまざまな分野において、スクリーニングと確認試験を両立するソリューションを提供します。

 

LC-MSと違って、LDTDは移動相を使用せずに分析を行うことで、測定時におけるバックグラウンドの低減に成功しています。また試料は気相中でニュートラルな分子としてレーザダイオードによる加熱・脱離が行われます。これらの分子種はコロナ放電によるAPCIによってイオン化されます。この熱脱離プロセスは、非常に短い時間で分子イオンを生成します。

基本的な特長

LDTDイオン源

  • 質量分析装置への簡単な接続
  • APCIによる両極性(正/負)モードでの分析
  • 10枚のLazWellプレートに対応(960サンプル)
  • キャリーオーバーのないダイレクトな試料導入
  • マトリクスや移動相を必要としない
  • 20Wのレーザー出力

 

LCMS-8050/8060との組み合わせ

  • LDTDを接続したままLCMSとして使用可能
  • ESI, DUIS, APCIモードによるLCMS分析に対応

 

LazWell-プレート(専用プレート)

  • 96ウェルに対応 (LDTD-960システムで使用)
  • バーコード管理されたサンプル
  • 低容量に対応(2-10 µL)
  • LazWellプレートは品質管理された環境下にて作成
  • 一般的な分注装置との併用も可能

 

一連の分析ワークフローに対応したソフトウェア

  • 簡単なインストール手順
  • LabSolutionsソフトウェアによるバッチ分析
  • サンプル認証を行うバーコードリーダー
 

使いやすいソフトウェア

LDTDコントロールソフトウェアで作成したレーザーパターンをLabSolutionsソフトウェア上のバッチファイル作成時に指定できます。簡単な操作でバッチ分析の設定が行えます。

LC-MSとLDTD-MSの切替

 

LDTDイオン源を接続したまま、LC-MSとLDTD-MSを切り替えて使用できます。

ここではPain managementシステムの対象成分である標準品混合溶液に対して、LCMS-8060によるESI分析およびLDTD-MSによるAPCI分析を行いました。

唾液中の薬物スクリーニング

LDTD-MS/MSは超高速定量分析を可能とします。ここでは唾液中の6種類の薬物に対して、LCMS-8060による分析を行いました(7.5秒/サンプル)。

Top of This Page