LCMS™-8060

高速液体クロマトグラフ質量分析計

過酷な連続分析でも高感度をキープ

下記データは,ヒト血漿中に添加したアルプラゾラムを連続分析して,面積値と面積比(内標:アルプラゾラム-d5)をプロットしたものです。各日400回ずつ,計6日間分析を行いました。通常の分析停止や,停電や長期休暇による装置停止を模して,毎分析後の分析停止や期間途中での真空停止を織り込みました。日内変動は面積値でRSD 5%前後,内部標準との面積比でRSD 3.5%前後となりました。日間変動は変動値2.74%となり,分析停止や真空停止の影響は全くありませんでした。ルーチンでの薬物血中濃度定量に代表される夾雑成分を含む試料の連続測定においても,抜群のデータ安定性を維持します。

ヒト血漿中に添加したアルプラゾラムの連続分析

ヒト血漿中に添加したアルプラゾラムの連続分析

アルプラゾラムのMRMクロマトグラム(血漿添加:左から注入1回目,1200回目,2400回目)

アルプラゾラムのMRMクロマトグラム(血漿添加:左から注入1回目,1200回目,2400回目)

ヒト血漿中に添加したアルプラゾラムの日内変動と日間変動

化合物 日内変動 (%RSD) 日間変動 (%RSD)
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 前半3日間 後半3日間 6日間
アルプラゾラム 5.04 4.94 5.06 5.38 4.55 4.83 3.19 1.63 2.74
アルプラゾラム-d5(内標) 5.04 4.68 5.48 5.31 4.26 4.91 2.62 1.89 2.18
Area ratio
(アルプラゾラム / アルプラゾラム-d5)
3.48 3.11 3.48 3.44 3.71 3.54 1.79 0.26 1.40

ダウンタイムを短縮するメンテナンス性

「かんたんメンテナンス」を従来機から継承。DLも真空状態のまま交換できるので,分析のダウンタイムを最小限にとどめることが可能です。

DLの交換ステップ
DLの交換ステップ

シンプル設計のイオン化ユニット

イオン化ユニットはケーブルレス,チューブレス構造で,交換手順がとてもシンプル。取り外すときは,ワンタッチレバーを解除してユニットを開いて上に持ち上げるだけ。別のイオン化ユニットへの交換作業もストレスなく行っていただけます。APCIとDUISに装着されているニードルは工具なしで取り外しが可能で,メンテナンスも簡単です。

シンプル設計のイオン化ユニット
※Dual Ion Source…エレクトロスプレーイオン化(ESI)と大気圧化学イオン化(APCI)を同時に行うイオンソース

Top of This Page